Play
Slider

動画の説明

WordPressテーマのWINGAFFINGER5バージョン)の凄さを映像で紹介。。。(動画内で誤字/ミスがあります:正確には「ワンストップ」です。あと、YouTube背景について重複してる箇所があります。)

インターネット(アフィリエイト等)の世界での変化はものすごく激しいです。それに柔軟に対応できるブログ・テーマがWINGです。。この動画ではずっと同じWPテーマを活用しています。。1時間以内で5タイプの全く異なるスタイルの仕上げは余裕。。ヤバすぎる。。。

再生箇所:

0:17ゼロから~11:46シンプル・ビジネス系デザイン21:05カワイイ系デザイン~24:26ハッピー系デザイン~26:05補足:カスタマイズ性28:27補足:特殊な記事作成機能43:50セリング系デザイン~44:55補足:記事作成やカスタマイズについてもう少し50:13YouTube動画系デザイン~52:13補足:フォント・カスタマイズ53:12作成クレジットWork Credit

「夜行バスのウィラーはどう?」:2回乗った自分の体験談を記載

投稿日:2017年3月23日 更新日:

夜行バス ウィラー

 

こんにちは、夜行バスのウィラーには2回乗ったことがあります。

 

この記事の目的

ここでは自分の夜行バスのウィラーでの体験談かつ口コミを記載しています。

 

こんな方への記事

  • 夜行バスのウィラーの評判・口コミを知りたい
  • これから利用してみたいので、実際にどんな感じかを知りたい方。

 

少しでも参考になれたら幸いです。

 

問題:夜行バスはいろんな会社があるから悩む

もういろんな会社がありすぎて、どれが良いのか最初は本当に分かりません。夜行バスに乗ったことが無い方は「安ければ良いんじゃない?」と思う方が多いかもしれませんが、その考え方は本当に危険です。

 

自分の周りでも「ただ安い夜行バス」を選び、最悪の体験をした人はいます。夜行バスは安く遠征できるメリットがありますが、あまりにも値段が安いと品質がかなり落ちます。。。

 

ある程度の大手会社、そして実績がある会社を選ぶのが無難

多少値段が少し上がっても、大手で実績がある会社にするのが無難です。

 

ウィラーは有名な夜行バスの会社で、長年の実績があります。

 

ウィラーのメリットとデメリット

デメリット

・多少値段が高い。

 

メリット

大手だから信頼できる

運行本数が多いから予約しやすい

20年以上の実績

 

注意ポイント

特に近日の予約となると、値段が片道だけでも8千円ぐらいになる場合があります。もちろん時期や行く場所にもよりますが。

夜行バスは片道はせめて5千円以内におさめたいですよね。。。

 

夜行バスのウィラーを利用した人の声

 

 

 

 

 

ウィラーは好評価の感想が多いです。

ただ状況によっては、値段は決して安くないという欠点があります。

 

自分の夜行バスのウィラーを利用した体験談

自分の情報は少し古いです。

 

数年以上前に、2回、夜行バスのウィラーを利用しています。両方とも新宿から京都の旅でした。

 

予約と値段

1週間以上前には予約をとりましたので、値段は往復で1万円というリーズナブルな値段で乗れました。予約をする時はできるだけ余裕を持つと節約できます。

 

支払いと受け付け

step
1
サイトで予約をし、確認がメールが送られてきます。

 

step
2
支払いを済ませたら、申し込みが完了します。

 

step
3
そして出発時、バスの前には係の人が乗客のリストを持っています。乗る時が来たら、その係員に自分の名前を伝えます。

 

そしてその日の席の番号を伝えられます。その席に座ってあとは出発します。

 

注意点

ココに注意

バスによって荷物の受付、出発場所、条件等が変わってきますのでちゃんとメールで確認してください!

 

実際のバスはどうだった?

自分は「普通」の夜行バス・タイプを選んだので、「普通」の快適さでしたw。「凄い快適!!!」ってほどではないけど「不快すぎる!!!」って感じでもなかったです。隣に知らない人が座りましたが、特に問題はなかったです。

 

大丈夫

女性の場合、隣に知らない人が座る場合は自動的に女性と決まっていますので安心してください。

 

もちろん途中でサービスエリアで2回ほど止まりましたし、休憩時間も充分に与えられました。休憩の時は自分のバスがどれかを忘れないようにw。

 

特に大きなデメリットは無かったです。

 

夜行バスのウィラーのまとめ

「とにかく失敗したくない、無難な夜行バスにしたい」という思いならウィラーがおすすめです。

 

出発する日から1週間以上の余裕を持って予約をすれば、充分リーズナブルな値段で申し込みができます。

 

 

 

 

-nofollow, 商品・サービスの体験談

Copyright© 美智也のどん底から這い上がるブログ , 2018 All Rights Reserved.