Featured Video Play Icon

アフィンガー5 YouTube動画

AFFINGER5[WING]を導入した!新機能のメリット・デメリット具体的に

2018/3/27

  こんにちは!AFFINGER CRAZYの美智也です。w   自分はこの1年間、AFFINGER4を満喫しましたが、 ついにAFFINGER5(別名WING)が公開されました!   妄弥 いろんなWordPressテーマについて調べてるけど。。。   この新しいAFFINGER5/WINGはどうなの? 妄弥   本当に良いテーマなのか? 妄弥   この記事では自分のAFFINGER5/WINGの導入体験を詳しく語ってます。 導入するかどうかの ...

ReadMore

AFFINGER5/WINGの2つの『無料特典』は2018年8月31日までです。逃さないように。。。

ヴィジュアル系と死。この現実から目を逸らしちゃダメ。

投稿日:2017年9月18日 更新日:

ヴィジュアル系 死

 

こんにちは。元ヴィジュアル系の美智也です。

 

この記事ではヴィジュアル系の「闇」について書きます。

 

多くのヴィジュアル系好きはこの「闇」から目を逸らしますが。。。

 

自分はちゃんと書いてはっきりと伝えますよ

今でもヴィジュアル系が大好きだからこそ

 

美智也のヴィジュアル系との出会い

自分は高校の時にヴィジュアル系の世界にのめり込みました。

 

その頃はGLAY、ガゼット、ナイトメア、

Dir en greyあたりが好きでした。

 

とてもキラキラした世界に見えました。

 

自分自身は「バンドで食っていきたい!」

という願望はかなり薄かったですが、

それでもこの独特な世界にはかなり魅了されました。

 

他のどこにもないこのヴィジュアル系特有の世界。

本当に日本固有の文化。

 

そしてその頃、2006年?あたりは

とにかくヴィジュアル系ブームがどんどん大きくなっていました。

海外でも。

 

一番大きい理由は「YouTube」です。

2005年に始まったあの動画サイト。

 

そして多くの方は

ヴィジュアル系関連の動画をアップするようになりました。

 

ここではこの正当性などについては語りません。

 

ただその「おかげ」で

自分はヴィジュアル系についてたくさん知ることができました。

 

日本に住んでるなら

そういうショップとかがあって買えますが、

自分はアメリカにいたので買うことができない環境にいました

 

なのでインターネットは非常にありがたい存在でした。

 

たぶんだから今でも、

普通の人よりはインターネットに対しての思いが強いです。

 

あの環境で周りに仲間がいない状態で、

唯一の救いはインターネットで見れるヴィジュアル系のPVとかでした。

 

ヴィジュアル系 死

 

誇張とかではなく、本当に

 

あれが無かったらたぶん本当に自殺してました。

 

日本に「帰国」してヴィジュアル系の世界を存分に楽しむ

自分はバンドマンというよりは本当にバンギャル男として、

ヴィジュアル系を楽しみました。w

 

音源などはもちろん、原宿で買い物とか、

ライブなどなど。

 

もし自分、

女として生まれてたら

マジでとんでもないバンギャルちゃんになってたと思う。。。

 

本当に想像するだけで怖い。。。

 

ただ、ヴィジュアル系に対する考えが変わってくる。。。

でも20歳前半あたりから

ヴィジュアル系に対する疑問がどんどん増えてきました。

 

ヴィジュアル系だけでなく、

バンドという形態や現在の音楽業界の状態など全部。

 

10代はあんなにキラキラして見えた世界だったのに、

大人になるにつれ、

どんどん「闇」の部分が見えてきました。。。

 

多くのヴィジュアル系好きは

この「闇」について語ることはかなり少ないです。

 

でも自分はちゃんと伝えます

 

なぜか?

 

もう今の時代、

そんな苦しい状態でいる必要がないから。

 

もっと明るい未来が築けるんです。

もうそんな古い世界に固執しる必要がないんです!

これについては別の機会にもっとちゃんと。

 

ヴィジュアル系と死

10代の時にキラキラ見えてたバンドマンがまさか10年後には

死んでるとは夢にも思っていませんでした。

 

(正直、本当はダメなんですが、

もうかなり前のPVなので。。。)

 

bisの瞬介(ベース)2010年3月28日死去

ヴィジュアル系 死

 

bis BLOG 「馬鹿 is 素晴らしい」

(瞬介がベースだったバンド、bisのブログ)

 

ヴィジュアル系 死

 

 

 

 

インターネットのおかげで、

bisはドイツでもライブを果たせました。

 

(bisだけに限らず、

ネットの恩恵を受けているヴィジュアル系バンドが多いのは事実。)

 

瞬介は2010年3月28日に死去しました。

 

Kagrra、の一志(ボーカル)2011年7月18日死去

 

 

これも本当にびっくりしました。。。

 

PS Companyのライブであんなに楽しそうに歌ってたのに。。。

 

蜉蝣の大佑(ボーカル):2010年7月15日死去

 

 

 

大佑はかなりの闇を抱えていましたね。。。

 

VersaillesのJasmine You(ベース)2009年8月9日死去

 

Versaillesのベース、Jasmine Youも亡くなってしまいました。。。

 

ヴィジュアル系の死で一番有名なの:X Japanのhide(ギター)1998年5月2日死去

ヴィジュアル系 死

 

(原宿にあるhideのお店に行ったことがあります。)

 

 

hideの死はニュースでヤバかったみたいですね。。。

 

正直、これは見ない方がいいと思うけど。。。

 

 

でも無知も怖いので。。。

 

自己責任でhideの葬式についての動画を閲覧してください。

hideの死の影響で、

本当に自殺したファンはかなりいたみたいなので。

 

その他のヴィジュアル系での死 

ヴィジュアル系 死

https://www.vkdb.jp/%BB%E0%B5%EE.html#gsc.tab=0

 

リストは長めです。。。

 

明らかにヴィジュアル系の世界での死が多い。

人間はいつかは死にます。

 

それは誰でも分かっています。

 

でもそれにしても、

ヴィジュアル系の世界では早死があまりにも多すぎる

 

これはただの偶然ではありません。。。

 

もう少し詳しく知りたい人は下記の関連記事で

「バンド」についての記事を参照してください。

 

ヴィジュアル系と死:ちゃんと向き合おう。。。

この記事の目的は

「ヴィジュアル系は悪だ!」と伝えようとしているのではありません。

 

むしろ自分は今でもヴィジュアル系が大好きです。

 

そして自分は「こうすればみんながもう超幸せ!」

という魔法の答えは持っていないです。

 

でもだからこそ

悪い部分もちゃんと直視しなければなりません

 

いつまで経っても目を逸らしていたら、

この世界は改善されません

 

一緒にこの「闇」を無くしていきましょう。

マジで。

 

-ビジュアル系

Copyright© 美智也のどん底から這い上がるブログ , 2018 All Rights Reserved.