原始仏教

生きていくのが辛い。。。何か抜け道は無いのか?

投稿日:


原始仏教

 

もう生きていくのが辛い。。。辛すぎる。。。

と思ったことは自分はもう何百回もあります。何か抜け道は無いのかと何度問うたか。

このページを訪れている読者もたぶん同じような状況にいると思います。

 

この記事では、少しでも心の安らぎを与えられるよう、

おすすめの情報を提供します。

ここでは簡単な解決策はないです。残念ながら、すぐにでも

楽になる方法を探している方にはおすすめしません。

でも、もし苦しい・辛いを根本的に癒し、

本当の「心の安らぎ」を長期的に得たい方は、是非読み続けてください。

 

読み終わって、少しでも実践を始めれば、

この狂ったカオスの世界から抜け出す希望が見えてきます。

 

生きていくのが辛い。。。なんでこんなに苦しいんだ?

生きていくのが辛い、苦し過ぎる、死にたいと思っている人はこの世の中に

腐るほどいます。

グーグル検索でも、日本だけでも、毎月「死にたい」と検索している数は

平均で10万回を超えています。

大雑把な計算ですが、毎月、この日本で「死にたい」と思っている人は

10万人もいます。もうメチャクチャですよ。

 

こんなに「豊かな国」になったのに、なんで?

その疑問を持ったことはないですか?

自分は何度もあります。

 

物はたくさんある、好きなものは大抵いつでも食べられる、

遊べる、家がある、学校に行けた、ある程度頑張れば仕事に就ける。

もちろんこれらには個人差はあると思います。

もっと苦しんでいる人はたくさんいるだろうし、逆に楽勝な人もいるでしょう。

 

でも、どんなに成功していても、ほとんどの人は「苦しいな」と思っています。

それを表に出すかどうかは別として。

なんでそれを知っているか?

それは人間には「欲」というものがあります。

この「欲」は物凄く力が強いです。

そもそも良い学校に入学できた人や、良い企業に就職できた人でもなんでも、

「欲」があったからそこにたどり着けたのです。

頑張った理由は人それぞれでしょうけど、「欲」そのものがなかったら頑張っていないです。

 

人間がこの「欲」を持っている限り、苦しみます。死ぬまで。

なんでか?

 

わかりやすい例がクリスマスです。

子供はプレゼントが欲しい。クリスマスツリーの下にプレゼントが置いてある。

12月25日まで待たないといけない。ワクワクするかもしれないけど、待たないといけないから

苦しい。

そして25日の朝、プレゼントを開ける。欲しいものだったら嬉しい。欲しくなかったものだったら苦しい。

新しいおもちゃで遊ぶ。でもいずれは飽きる。次の新しいおもちゃが欲しい。また苦しい。

 

何かパターンが見えませんか?

苦しいのは、別にプレゼントを開けられないとか、おもちゃが違ったとか、飽きたことではないです。

そもそも「欲しい」と思っているからこれらの苦しみが発生してしまいます。

 

別に「欲しい」と思っていなければ、プレゼントを開けたいと思わないから別に苦しくないし、

おもちゃが違っていても別にどうでもいいから苦しくないし、

たとえ遊んでみて飽きても、元々どうでもよかったから苦しむことがない。

 

これはもちろんおもちゃだけに限ったことではなく、もう生活の全てに当てはまります。

 

 

この「欲」・「欲しい」「欲望」が全ての苦しみの発端なのです。

 

これがちゃんと理解できるようになるまで、ちょっと時間がかかります。

でも自分の思考・感情・行動を日頃から少しずつ、注意深く観察してみると、

「本当だ!」と気づきます。

最初はちょっとだけでいいです。

例えば、「何か食べたい」という「欲望」をよく観察してみてください。

ファミレスに行って注文をする。待つまでの間、お腹が空いているから苦しい。

注文が来て、食べる。お腹がいっぱいになる。ここでも苦しい。

あ、でもデザートが欲しい。もっと食べる。もっとお腹が苦しくなる。

 

生活のあらゆる面に、自分が気づいていない「苦しい」が潜んでいます。

ただほとんどの人は気づいていないだけです。

そしてより強い刺激に浸っている人ほど、「苦しすぎる」「辛すぎる」「死にたい」

と思う傾向にあります。

 

強い刺激と苦しみの度合いに何の関係があるの?

そもそも強い刺激って何?

例えばですけど、

ヘビーな音楽、砂糖だらけの甘すぎるお菓子、ジャンクフード、

タバコ、アルコール、ドラッグ系、ネットの性的なもの、などなど。

 

依存してしまっている、どうしてもその刺激に戻ってしまう、

その刺激がやめられないのなら、かなり刺激が強いです。

何でやめられなくなるか?

それはそれらの強い刺激に浸ると、ドーパミンという人間の脳の

神経伝達物質が大量に出てしまうからです。そしてこれが人間にとって「気持ち良い」のです。

それがクセになってしまう。また欲しくなる。

そしてそれが習慣になってしまうと、やめられなくなる。

 

人によってどの物がドーパミンを大量に放出するかが変わってきます。

自分の場合は、甘いものと音楽です。

甘いものはだいぶマシになりましたが、音楽は本当にやめられないです。

もう自分にとっては音楽があまりにも大事すぎて、完全に依存症です。

 

でも強い刺激の音楽をずっと聴いていると、

集中力が落ちてしまいます。日常のほとんどのものはつまらないものばかりです。

いつも刺激の強いものに浸っていると、普段の刺激の弱いものに集中するのが

難しくなります。

 

このドーパミンと依存に関しては人によって全然違うので、

まずは自分にとってドーパミンが多く分泌されやすいものを認知することから

始めましょう。

「どの物が本当に気持ち良いか?」

「どの物にどうしても依存しているか?戻ってしまうか?」

「どの物がどうしてもやめられないか?」

 

まずは上記の質問に答えて、自分の生活の中にある強い刺激を把握して、

それらを少しでも減らす努力をすれば苦しみが減っていきます。

 

でも何で刺激の強いものを減らすだけで苦しみも減るのかと疑問に思うかたもいるでしょう。

一番の理由は、「自分をコントロールできない」というのは人間にとって大変苦痛だからです。

人間はどうしても自分の人生をコントロールしたいと思っています。

それが上手く行かなければ行かない程、苦しみの度合いが増します。

要するに、タバコでも何でも、「やめられない、自分をコントロールできない」と

感じてしまうと、「苦しい」のレベルも高まります。

これは何でもそうです。

 

「お金が無いから苦しい」と思っている方も非常に多いでしょう。

「もっとお金があれば絶対に幸せになれる、成功できる」と思っている方は本当に多いです。

でも、お金の量よりもほとんどの場合は自分の生活習慣が一番の問題です。

タバコ、アルコール、無駄遣いなど、どれだけこういう「要らない物」にお金を使っていますか?

それらのお金を少しでも自己投資に使っていたら、自然とお金は増えています。

これは別の話題になってしまうので別の記事で詳しく書きますが、

とにかく「辛い」「苦しい」の根本的な問題の原因を理解して欲しいです。

 

じゃあ結局どうすればいいの?

ここまで読んでいる人は、ある程度興味を持ってくれていると思います。

「何だこのデタラメは」と思っている人はとっくに読むのをやめているでしょう。

 

ただ、ここまで読んで、

「欲が苦しみの発端、そして強い刺激を減らす努力をすればいいのは分かったけど、

でも結局自分の人生全体はどうすればいいの?」と思っている方が多いと思います。

 

そこでオススメするのが「原始仏教」です。

「テーラワーダ仏教」「初期仏教」「仏道」とも呼ばれています。

これは宗教とかではなく、もう「生き方」です。

 

もっと詳しく知りたい方は

小池龍之介、プラユキ・ナラテボー、スマナサーラ長老の本を読むことを強くおすすめします。

 

彼らの本を読めば、このメチャクチャな世の中から抜け出すヒントがたくさん見つかります。

 

美智也は結局どうしたいの?

「このサイトの運営者、美智也は結局何がしたいの?」と思っている方も多いと思います。

ブロガーになりたいの?イラストレーターになりたいの?ミュージシャンになりたいの?

坊主になりたいの?何がしたいの?

 

今の自分の一番の目的は、「自分の個性をとことん追求すること」です。

これはただの欲です。何も意味がないですが、自分の価値観ではとても大事です。

ブログでの文章、イラスト、音楽などはあくまでも自分の個性を表現するための

媒体にすぎません。一番の目的は「自分の個性を追求して、多くの方に見てもらう」ことです。

文章やイラストや音楽はそれぞれただの手段です。

 

でも、自分の最終的に「夢」は別にあります。

それは、「解脱すること」です。

とにかく解脱したい。もう切に。

 

この人生で、自分がどこまでいけるかは正直分かりません。

でも自分は輪廻転生を信じています。

この人生でできるだけのことをして、次の人生に備えます。

そして最終的にはこの訳のわからない人間界を抜け出して、

解脱をしたい。

この世界はとにかく苦しみが多すぎます。もう生きているだけで苦しすぎる。

もういや。

「じゃあさっさと坊主になってタイにでも行って修行すれば?」と思う人もいるでしょう。

自分だってそうしたいですよ。

でも自分の闇が抱えているいろいろな「欲望」があまりにも強すぎます。

まずは自分の個性をとことん追求し、後悔が無くなるまでは無理ですね。。。

もう学生時代にあまりにも悔しすぎる思いをしているので。。。

 

自分はまずはこの欲望の世界で成功を体験します。

そしてそれから学びます。そこから自分の本当の夢、「解脱」へと向かいます。

この人生でできる範囲内で頑張ります。

 

あなたも、とにかくできる最善のことを努力すればいいと思います。

原始仏教では「決して諦めてはならない。人間はダメでもともと」

という名言があります。スマナサーラ長老の言葉です。

少しでも解脱へ頑張りましょう。

 

まとめ

「生きていくのが辛い」と思っている方、まずは:

・苦しい理由はあらゆる欲望が原因と理解する

・刺激の強いものを少しでも減らす

・原始仏教について少しでも学ぶ

ことをお勧めします。

 

簡単な道ではないです。いや、むしろ解脱への道は物凄く大変な修行が必要です。

でも、その代わりに真の「心の安らぎ」を得る可能性があります。

どっちを選ぶかはあなた次第です。

 

ここで自殺しても、結局最悪な所で生まれ変わって、

今より最悪な状況に陥るでしょうね。残念ながら自殺しても終わりではないんですよ。

もう我々は苦しみの世界の無限ループの中にいます。

でもこれに気づくことができれば、

少しでも解脱の道へ進むモチベーションが出てきます。

そして少しずつ解脱へ近づくにつれ、苦しみも少しずつ減っていきます。

 

一瞬の快感ばかりを追求し、日々が「楽しい」けどメチャクチャ苦しいを選ぶか、

修行が大変でキツイけど苦しみは確実に減っていって心が安らぐのを選ぶかは

あなたの自由です。

自分は少しだけの上達でもいいので、後者を選びます。

あなたはどうします?


SNS

現在、Twitterでは「これから本格的にブログ運営を始めたい!」

という方におすすめの情報を発信しています。

フォローしてくたら、できる限りのサポートはします。

-原始仏教

Copyright© 美智也のどん底から這い上がる記録 , 2017 All Rights Reserved.