砂糖がやめられない?絶対に諦めないで!可能だから

投稿日:2016年12月26日 更新日:

砂糖 害

 

こんにちは。

砂糖がやめられなくて何年も苦しんでいた美智也です。

 

砂糖・甘いものがやめられないと本当に落ち込みますよね。

 

女性 悩み相談
暗陽
甘いものが本当にやめられない。。。

 

この記事では

砂糖を効率よくやめる方法を伝授します。

 

実践すれば、挫折しないで済みます。

そしてもっと健康になり、美が上手く行きます。

 

なんでいつまで経っても砂糖がやめられないんだ!?4つの理由

砂糖がやめられないのは主に3つの理由があります。

 

理由1:味が美味しすぎる

人間の食に対する欲望は非常に強いです。

強すぎて怖いぐらいです。

 

砂糖が大量に含まれている食品、いわゆる甘いもの

はとにかく美味しい。

味覚を強く刺激し、味だけで強い幸福感を感じる。

 

甘いものをやめようとしても、あの味が記憶に強く残っているので、

どうしても買ってしまう。

 

買わないと決めていても、スーパーやコンビニで

自分の好きな甘いものを見かけてしまうと、

買ってしまう。もう意志力ではどうにもなりません。

 

理由2:大量のドーパミンが放出される

砂糖 ドーパミン グラフ

 

砂糖を大量に摂取すると、

大量のドーパミンが脳の中で放出されます。

このドーパミンは「快感」の化学物質です。

 

ドーパミンの分泌が多ければ多いほど、脳は強い快感を感じます。

そしてまた欲しくなります。

 

そして大量の砂糖の摂取を続けてしまうと、

脳はどんどん耐性がついてきます。簡単に言うと「飽きる」。

その強い刺激に慣れてしまったので、とにかくもっと強い刺激が欲しい。

 

ここまで来ると、もう異常なほど甘いものやジャンクを食べてしまう。

しかも残念なのが、初期の頃ほど快感を感じない。

だからもっと食べる。もう完全に悪循環です。

 

理由3:GI値が異常に高いから血糖値の上昇が速すぎる

砂糖 ハイ

 

GI値とは血糖値がどのぐらいのスピードで上昇するかを表している値です。

高いほど、血糖値の上昇が速いということです。

 

砂糖はとにかくGI値が高い。理想は60以下の食品を摂取することですが、

砂糖はもう100とかその辺のレベルです。

 

砂糖を一気に摂取してしまうと、

血糖値が急激に上昇してしまいます。

 

一時的には満腹になり、気分が良くなり、ハイになります。

でも急に上がりすぎたので、数時間後には急に下がってしまいます。

 

砂糖 ロー

 

血糖値が0になってしまうと死んじゃうので、

急に血糖値が下がると脳はかなり焦ります。

 

なので「死ぬほどお腹が空いた!!!」と叫びます。

そしてその異常に強い空腹感を無くすためにまた

大量に甘いものやジャンクを摂取してしまう。

もう完全に悪循環です。

 

理由4:砂糖は周りにどこにでもある、ほぼ全ての食品に入っている

砂糖は違法なドラッグをやめるより何倍も難しいです。

なぜならもうどこにでもあるからです。

 

スーパーやコンビニ、もう全ての食品を扱う店にある。

そして甘いものやジャンクだけでなく、

普通のお惣菜や加工食品にもたくさん含まれている。

 

どうすれば砂糖をやめられるの?2つの段階

注意点

砂糖をやめる方法を伝授する前に、

一つ注意点を与えたいです。

 

自分は砂糖をやめようと頑張っていた時、

「砂糖は体と美に悪すぎる!もう一生砂糖は摂らない」と本気で

意気込んでいました。

 

これは絶対にやめた方がいいです。

お坊さんになって欲を完全に無くすのが目的でない限り、

絶対に無理です。w

 

この社会で生きていく以上、

対人関係での食事の付き合いは不可欠ですし、

この食の欲望はもうあまりにも強すぎます。

 

絶対にどこかで嫌な気分になると、また甘いものを食べてしまいます。

もう経験済みです。

「砂糖を一生摂らない」という無謀な挑戦は絶対に無理です。

 

でも短期間のデトックスは大事です。後ほど説明します。

 

段階1:自分のできる小さなことから始め、脳と味覚を少しずつ変えていく

砂糖がなかなかやめられない方は、

もう脳と味覚が「甘いものが大好き!もっともっと!」

となってしまったので、

1日すらやめることができなくなっています。

 

もうとにかく脳と味覚を変えるしかないです。

そのためには、まずは自分のできる小さなことから始めてください。

 

例えば:

一日すら砂糖をやめることができないのなら、

まずは一食だけでも砂糖を食事から抜く。

それすら無理だったら砂糖の量をほんの少しでも減らす。

とにかくどんなに小さなことでもいいです。現在の自分の状態を把握し、

そこから少しでもレベルアップする努力をする。

 

代替を見つけるのもおすすめです。

例えば糖質制限のパンなどネット上にはたくさんあります。

低糖工房 はおすすめです。

 

砂糖 やめられない

 

(クロワッサンが美味しかったw)

 

できないことはどんなに悩んでも、

どんなに努力しても、できません。

 

でも少しずつできることを積み重ねていくと、

少しずつレベルアップすることができます。

そして気がついたら、以前できなかったことができるようになっています。

以前は一日も砂糖をやめることができなかったのに、

今は一週間砂糖なしでも平気など。

 

少しずつレベルアップするということを意識すると、

脳と味覚は確実に良い方向へと変わります。

「以前あんなに甘いものが好きだったのに、今はなんか気持ち悪い」

と本当になります。

脳と味覚は絶対に変われます。絶対に諦めないでください。

 

段階2:短期間のデトックスをする

ある程度砂糖をやめることができるようになると、

短期間のデトックスをオススメします。

 

デトックスとは砂糖を一切摂らないで、脳を「リセット」する行為です。

脳がリセットするのには大体8週間ぐらいかかります。

確実にしたい方は3ヶ月がおすすめです。

 

自分は砂糖を一切摂らないデトックスを3ヶ月やったことがありますが、

その後がとても快適です。

あの「砂糖が無いと無理!!!」という願望が本当に無くなりました。

自分の脳をコントロールできるようになったので、とても嬉しいです。

 

なんでデトックスをすると脳は変われるの?

なんで一定期間、砂糖を無くすだけで脳が変われるのかに疑問を

持っている方が多いかもしれません。

 

最新の脳科学では、大人の脳も成長できるということは常識です。

神経可塑性という原理です。

 

脳はもう常に変化しています。

日々の行動によって、脳はいつも変わっています。

良い行動を選べば、脳は成長できます。

 

大人になってからでも脳は成長できると聞くと

「神経可塑性は素晴らしい!」と思う方が多いですが、

逆もしかりです。

 

悪い行動を取ると脳は後退してしまいます。

この場合は「砂糖を摂ること」が悪い行動に当てはまります。

そしてその悪い行動を繰り返すと、

それが習慣になってしまい、なかなか抜け出せなくなります。

 

でも希望が持てるのは、

良い習慣をある程度続ければ、

その悪い習慣を無くすことができるということです。

だから短期間のデトックスだけでも、

脳はかなり変わるので、砂糖の誘惑に勝つことが簡単になってきます。

 

自分の砂糖をやめる戦いの体験

自分はもう本当に砂糖をやめるのに悪戦苦闘しました。

もう何年も。

 

発端は10年前の10代後半です。

もうとにかく甘党でした。

少食だったんですが、ほぼ甘いものしか食べてませんでした。

とんでもない食事をしてました。。。

 

少食だったから極端に太ることは無かったんですが、

お腹に余計な脂肪がついてしまって全然無くすことができませんでした。

そして肌はもう本当にボロボロでした。マジでヤバかった。

 

そして20代前半ぐらいになり、

なんとかお腹周りの脂肪を無くしたいのと肌質を改善したい思いから、

いろいろ本で勉強し始めました。

そしたら1番の問題は砂糖だということに気づき、

「砂糖をやめれば脂肪はなくなるし、肌も綺麗になれる!」

と希望がわきました。

 

ただ、いざ砂糖をやめようとするとメチャクチャ難しい。

いや、難しいというレベルでは無い。

もうマジで違法ドラッグをやめられないというレベル。

一日どころか一食すら砂糖を無くすことができなかった。

 

なのでまずは代替を探しました。

特にチャヤやビオクラの甘い代替食品はよく食べていました。w

 

少しず脳と味覚は変わってたんですが、

まだ「砂糖がどうしても欲しい!」というのがとても強かった。

 

なので思い切ってデトックスをしました。

最初の3日間はもう本当にキツかった。

 

4日目から7日目ぐらいはちょっと辛いぐらい。

8日目以降はどんどん楽になり、気分が爽快になっていきました。

 

もう3ヶ月目は、「砂糖は嫌だな」と思っていました。

実際に甘いものを食べると

「うわ、なんだこの不味いものは!」となりました。w

 

この3ヶ月のデトックスを実践したのはもう3年ぐらい前ですが、

今でも「甘いものが不味い、気持ち悪っ」と感じます。

たった3ヶ月のデトックスでも脳と味覚は確実に良い方向に変わりました。

 

他人の体験談

アメリカなど海外では肥満や糖尿病がヤバすぎる状況にあるので、

砂糖をやめようとしている人が結構います。

でも日本では砂糖を本気でやめようとしている人が少ないのが現状です。

 

とは言え、全くいないというわけでもないです。

少し調べれば、意外といます。。。

 

ちなみにマクロビオティック羅針盤という

ブログを運営している遠藤さんという方はおすすめです。

 

補足:本気で美意識を高めたいなら。。。

もう本当に美意識を高めたいと本気なら、

下記の記事がおすすめです。

 

 

砂糖がやめられないについてのまとめ

砂糖がやめられないのは:

砂糖が多い甘いものやジャンクはとにかく味が美味しすぎる

ドーパミンが大量に分泌されて強い快感を感じる

血糖値が急激に上がるから満腹感を感じ、気持ち良い

もう砂糖はどこにでもある

 

砂糖をやめるには最初は、とにかく少しず減らしていくしかない。

急に無理しても絶対に続きません。代替食品を利用するのも助かります。

 

ある程度、砂糖の量を減らすことができたら、

3ヶ月程度の一切砂糖を摂らないデトックスに挑戦してみましょう。

 

無理なら1ヶ月でもいいです。

 

短期間のデトックスだけでも、脳と味覚は確実に良い方向に変わります。

デトックス後は砂糖を控えるのが楽になります。

 

砂糖をやめるのは絶対に可能です!!!!!!!!!!!!!

絶対に絶対に絶対に諦めないでください。

 

超絶クソダメ人間だった自分でもできたんだから、

あなたならもっと簡単に達成できます。

 

 

この記事を書いた人

-美意識を高める

Copyright© 美智也のどん底から這い上がるブログ , 2018 All Rights Reserved.