ブログ運営

「ブログで書き続けることはどれほど大事?」:本当の理由を説明

投稿日:2017年12月7日 更新日:


ブログ 続ける

 

こんにちは。

ブログで書き続けている美智也です。

 

ブログを開設したばかりで、

「記事をたくさん書き続けるか、

それともじっくり仕上げるか」で悩んでるかもしれません。

 

問題解決
絶希
結局、どっちがいいの?

 

女性 悩み相談
暗陽
たくさん書き続ければいいってもんじゃないと思うし。。。

 

この記事では

「ブログで書き続けることがなぜ重要なのかの本当の理由」

を説明していきます。

 

最初からこの意識を整えておけば、

ブログで挫折する確率がグンと下がります。

 

最終的にどうするかはあなたが決めることですが。。。

 

「ゆっくり、じっくり記事を仕上げる」の問題。。。

確かに少ない記事で短期間でブログでアクセスを増やし、

稼ぐことができてる人は存在します。

それは事実です。

 

でもほとんどの人が忘れてるのは、

全体の割合に対しての数字」です。。。

 

 

全体のブロガーの割合で計算すると、

その「少ない記事数でブログですぐに上手くいく」

確率は0%に等しいようなもんです。。。

マジで0%。。。

 

そしてプロブロガーのイケダハヤトさんもこれを強調してます。

参考資料:

プロブロガーによる「ブログ運営の教科書」(随時更新)

 

あなたにそれなりのライティング経験があり

ウェブ関連の知識が豊富なら

その「じっくり記事を仕上げる路線」

で上手く行くかもしれません。

 

でもブログの完全初心者にとってはそれは無理です。

アクセスが全然増えないで、

途中でやめるのがオチです。。。

 

美智也がブログで書き続ける理由

自分の場合はもう最初から

「数字が増えようが減ろうが、このブログで書き続ける」

と覚悟・決めています。

 

その理由は:

・Novelty。

・波がある。

・書く技術が高まる。

の3つがメインです。

 

具体的に説明していきます。

 

Novelty

Noveltyとは日本語では

あまり適切な言葉がないんですが。。。

 

強いて言えば「目新しさ」でしょうか。。。

 

例えば自分は

よくイケダハヤトさんのブログに戻ってしまいます。w

 

その大きな理由の一つは。。。

 

美智也
美智也
更新についていかないと置いてけぼりになる!

 

というイメージです。w

 

でもこれは脳科学的に、

証明されていることなんです。

人間は「常に新しい刺激を追い求めている」のです。

 

参考文献:

Personal MBA ― 学び続けるプロフェッショナルの必携書

 

だからそんなに凄い記事でなくても、

ブログのリピーターは

 

問題解決
絶希
新しい記事だ!読まないと!

 

となります。

 

逆に1ヶ月とか更新されてないブログだと。。。

過去の記事ではもう飽きますよね。

たとえブログを読むのがどんなに好きでも、

たとえ過去の記事のクオリティーがどんなに高くても。。。

 

音楽とかでもなんでもそうです。

昔のどんなに良くて好きな曲でも、

飽きるときが絶対に来ます。。。

そしてそのアーティストに新しい曲を出して欲しいと願う。。。

 

あなたのブログでのリピーターは

 

女性 悩み相談
暗陽
新しい記事が読みたい!

 

と願っています。

 

なので新しい記事を書いてあげましょう。

その「愛」の気持ちも大事です。。。

 

でないと、

そのせっかくのリピーターは

あなたのブログから離れてしまって、

戻ってこなくなるかもしれません。。。

 

ここで。。。

 

もう書くことがないよ。。。
問題解決
絶希

 

と悩んでるなら、下記の記事が参考になります。

ブログのネタに困ったら:収益化することが最大の目的の場合

 

波がある

人間には波があります。

 

そしてブログ執筆も例外ではありません。

 

自分のブログを見れば分かりますが。。。w

 

なんか薄っぺらい記事が10本続いても、

そのあとの5本は急に「ディープ」な

内容になってる。。。とか。

 

このように「波」があります。

 

低いときもあれば、高いときもある。

 

何が言いたいのかというと、

「書き続けないとその波を上手く活用できない

ということです。

 

もし自分が書き続けることを意識してなかったら、

「ディープ」な記事は書けませんでした。

 

これは自身で体験しないと

分かりづらいと思いますが。。。

 

でも誰でも

「調子が良いときと悪いときがある」

は実感してますよね?

 

ブログで書き続けていると、

「お!なんかそれなりの記事が書けそう!」

というハイな状態が来ます。

ゾーンと読んでもいいかもしれません。

それをうまく活用すると、

短時間でハイクオリティーの記事を仕上げることが可能です。

 

なので「薄っぺらい記事を書くこと」

に関してはあまり心配しない方がいいです。

 

確かに質があまりにも低すぎる記事は

GoogleのSEO的に悪影響ですが、

みんなが危惧してるほどではないです。。。

 

結局、

ダメな記事はダメですから。w

 

過去の記事をリライトすれば少しは改善できますが、

もうダメな記事はダメなんですよね。。。

 

なんでかというと、

SEOは常に変化しているからです。

需要も常に変化しています。

 

今アクセスが多い記事でも、

来年にはゼロになってるかもしれません。

そんなもんです。

 

なので新しい記事を書き続けることが大事です。。。

 

あと単純な理由では、

止まることは本当に危険」というのがあります。

参考文献: 微差力

 

詳しくは下記の記事で書いてます。。。

 

書く技術が高まる

これは大きいです。。。

特に最近、実感しています。。。

 

量をこなすとスピード感が出るのも本当ですし。。。

 

 

たくさん書き続け、

数字分析を基に問題を改善しながらやっていくと、

技術は間違いなく高まっていきます。

スピードも。

 

スピードが高まると、

チャンスを掴みやすくもなります。

 

今後のブログの世界はどんどん加速していくので、

今のうちに。。。

 

補足:もし自身のブログでアクセスが全く増えていないのなら。。。

下記の記事が参考になります。

 

 

まとめ:ブログで書き続けることの重要性

Novelty

波がある

書く技術が高まっていく

 

もしあなたにメチャクチャ自信があるなら、

「じっくり、少ない記事で勝負」してください。。。

最終的にどうするかはあなた自身が決めることです。。。

 

自分は別にどっちが良いかを議論するために

これを書いてるのではありません。

 

ブログで挫折して欲しくないから、

おすすめの方法を提案しているだけです。

 

あなたに合う方法を見つけ出してください。

 

 


SNS

現在、Twitterでは「これから本格的にブログ運営を始めたい!」

という方におすすめの情報を発信しています。

フォローしてくたら、できる限りのサポートはします。

-ブログ運営

Copyright© 美智也のどん底から這い上がる記録 , 2017 All Rights Reserved.