Play
Slider

動画の説明

WordPressテーマのWINGAFFINGER5バージョン)の凄さを映像で紹介。。。(動画内で誤字/ミスがあります:正確には「ワンストップ」です。あと、YouTube背景について重複してる箇所があります。)

インターネット(アフィリエイト等)の世界での変化はものすごく激しいです。それに柔軟に対応できるブログ・テーマがWINGです。。この動画ではずっと同じWPテーマを活用しています。。1時間以内で5タイプの全く異なるスタイルの仕上げは余裕。。ヤバすぎる。。。

再生箇所:

0:17ゼロから~11:46シンプル・ビジネス系デザイン21:05カワイイ系デザイン~24:26ハッピー系デザイン~26:05補足:カスタマイズ性28:27補足:特殊な記事作成機能43:50セリング系デザイン~44:55補足:記事作成やカスタマイズについてもう少し50:13YouTube動画系デザイン~52:13補足:フォント・カスタマイズ53:12作成クレジットWork Credit

喋るTシャツで有名のSHUN INANUMAのイベントに参加した『マジ』な体験

投稿日:2017年9月1日 更新日:

喋るTシャツ

 

こんにちは、ビジュアルブロガーの美智也です!

 

この記事の目的

ここでは稲沼竣(SHUN INANUMA)のイベントに参加した体験談をまとめています。

 

こんな方におすすめの記事

  • 喋るTシャツ」でSHUN INANUMAの活動を知ってる方、
  • そしてもっと面白い情報が知りたい方!

 

イベントに実際に参加できなかった方に少しでも参考になれたら嬉しいです。

 

2018年10月現在、この記事には改善する部分がまだあります。でもINANUMAのイベント自体は素晴らしかったです!

 

「面白いを実行」の具体法をすぐ知りたい方はコチラ!

 

「今マジになる!!」のブログを運営してるSHUN INANUMAのイベントに参加

 

喋るTシャツで有名の稲沼竣のイベント内容(2017年主催)

イベントは簡単に説明すると、ブロガーなどが「もっと面白いを実際に実行するには、具体的にどういうステップを取ればいいのか」です。

 

もっと詳しく知りたい方は下記の記事で

8/31!面白いを実行する!やりたいで終わらせないアイデアの活かし方イベント開催!!

喋るTシャツ

 

美智也
自分、行かないと!!!!

 

そして稲沼竣にメッセージを送りました。もう後戻りできない。

 

 

自分はSHUN INANUMAという脳内アーティストはけっこう前から知ってました。あんちゃさんというブロガーのブログで、喋るTシャツについての記事をたまたま読んでました。

 

喋るTシャツ

https://www.mazimazi-party.com/entry/talk-tshirts/

 

美智也
ドレッドヘアかっこいい。。。

 

正直そのとき、リンクをクリックした時はTシャツはどうでもよかったww。ごめんなさいw。そこから少しずつINANUMAのブログを読むようになる。

 

美智也
なんだこのブログ!すげぇ面白い!

 

そしてたまたま8月22日にこのイベントについて、稲沼竣のTwitterでイベントのツイートを見ました。

 

 

今回のイベントの主催者

 

SHUN INANUMA(右前)、幸野真也(左)と小泉翔平(右奥)の3人が主催者です。(みんな年下のはずなので呼び捨てで失礼。)メインに話したのはINANUMAでした。

 

注意点

この記事はINANUMAメインで書いていますが、他の主催者もとても有益な情報を教えてくれていました。他の2人の主催者のイラストを描けなくてごめんなさい。

 

step
1
INANUMAのイベント当日

今回はかなり緊張しました。特に始まりから30分前ぐらい。とにかく悪い妄想しか浮かばない。。。

 

美智也
多くて30人が参加。。。ダメかも(←主催者じゃないくせにw)。

 

美智也
Inanuma達がすごい冷たかったらどうしよう。。。

 

美智也
なんか強引に何かをやらされて恥をかくのでは。。。

 

step
2
実際にイベント会場のサンクチュアリ出版に入る

 

美智也
こんにちは。。。美智也です。

 

Inanuma
こんにちは!Inanumaです!

 

美智也
(ツイストヘアかっけぇぇ。。。)

 

自分のINANUMAの第一印象?声が低かったのが印象的だったw。軽い世間話をしました。INANUMAはとても優しく接してくれました。少しずつ人が来場してきました。最終的には合計で15人ぐらいでした。

 

今回の体験や内容を「もうじゃんじゃん書いちゃってオッケー」とINANUMAは言っていましたが、もうどこからどこまで書けばいいのかw。文章で微妙だったらごめんさなさい。。。INANUMAの実際のトークは本当に面白かったです!

 

今回の記録は自分のメモのためにも。イベントに来れなかった人にも少しでも何か役に立つ情報があったら嬉しいです。

 

注意点

この記事での文章は、イベントで実際に使われていた「言葉」とは若干違う場合があります。読者にとってできるだけ分かりやすくなるように、言葉をところどころ変えています。ご了承ください。

 

「もっと面白いを実行する」には具体的にどうすればいいのか?

step
3
そしてINANUMAのイベントがスタート!

Inanuma
こんにちは!

 

Inanuma
INANUMAのイベントに来ていただき、ありがとうございます!

 

Inanuma
こういうのはスタートが大事なので、まずはスタンディングオベーションをお願いします!

 

美智也
(スタンディング・オベーション???最初から???w)

↑もうみんなが思ってたことw。

 

そして実際にスタンディング・オベーションをやりました。立って盛大な握手を送りました。スタートからw。

 

Inanuma
自分はただずっと喋ったりしませんよ!参加者にはちゃんと参加してもらいます!

 

美智也
(自分、大丈夫かな。。。)

 

自分は後ろの方で座ってたんですが、INANUMAに「前へ来い!」と強制されました。ますます不安になる。。。

 

そもそも、「面白いを実行できない」には3タイプいる

Inanuma
「面白いを実行できない」で悩んでいる人には3タイプいます。

 

面白いを実行できない3タイプ

1. アイデアがもう全く出ない。企画も始まらない。

2. 良いアイデアはある。企画もできる。でもスタートができない。

3. スタートはできてるんだけど、なかなか広まらない。

 

Inanuma
では、みんなに手を挙げてもらいます。自分の当てはまる番号に挙手!

 

そして「1番の方?」と順に参加者はどのタイプなのかを確認される。ちなみに現在の自分は1と2の間って感じです。アイデア発想は悪くはないんだけど、もう全然実行に移せないんです。

 

Inanuma
おお!バランスよく、それぞれのタイプがいますね!

 

Inanuma
それでは順に説明していきます。

 

問題1:「アイデアが全然出てこない」というのが悩みの人への対処

リズム

Inanuma
ここで大事なのが、「リズム」です。

 

美智也
(リズム?)

 

Inanuma
「リズムに思考を組み合わせる」ことが重要です。

 

Inanuma
これは説明するのがちょっと難しいんですが、簡単に言うと「ゾーン」です。

 

美智也
(例えばスポーツ選手が入るあのゾーン的なことかな)

 

Inanuma
例えば自分は洋服を買う時、「リズム」に乗ることがあります。

 

Inanuma
こういう時はたいてい彼女がいるんですが、もう集中モードに入ると「喋ってこないで」と極端な状態になります。

 

アイデアのがどのように降ってくるか

Inanuma
ちなみに、参加者は「アイデアは突然降ってくる」と思ってますか?

 

Inanuma
それとも「考え込んでいる時に降ってくる」だと思いますか?手を挙げて!

 

みんな思う方に手を挙げます。

 

Inanuma
そこの君!手を挙げてないぞぉ!

 

美智也
(バレた。。。)

 

w

 

いや、これは本当に迷いました。自分はどちらかというと一人で考え込んでる時にいろいろ出てくるんで。。。ただINANUMAは逆のタイプのようです。

 

Inanuma
自分は「突然降ってくる」ことの方が多いです。

 

Inanuma
ここで「リズム」が大事になってきます。

 

Inanuma
リズムの出し方は人によって異なりますが、比較的、体を動かすと何かがひらめくことがお多いです。

 

Inanuma
なのでみんなで思いっきりジャンプしましょう!

 

美智也
(ここでジャンプ???)

 

そしてみんなで立って、みんなで思いっきりジャンプしまくりましたww。

 

美智也
(床、大丈夫か。。。サンクチュアリ出版いいのか???)

 

そしてジャンプ体験が終わります。たぶん1分も経ってませんでした。

 

Inanuma
ゼェゼェゼェゼェゼェゼェ

 

Inanuma
気持ち悪い。。。でもみんな、ゼェゼェ。これでなんかテンション上がったでしょ!

 

Inanuma
たまにアイデア発想で詰まる時があります。ゼェゼェ

 

Inanuma
ゼェゼェ。そしてそういう時は走ったりしてます。ゼェゼェ

 

Inanuma
そうすると運動した後、ゼェゼェ、いろいろアイデアが降ってくるんです。

 

Inanuma
なのでゼェゼェ。なかなかアイデアが出ない時は。ゼェゼェ。是非。ゼェゼェ。試してください。ゼェ

 

Inanumaはジャンプでちょっと本気を出しすぎてたみたいですw。それかただの運動不足。

 

「アイデアが突然降ってき始める」状態を作るための準備

Inanuma
ここで大事なのが、「余白」です。

 

Inanuma
余白とは簡単に言うと「休み期間」的な感じです。

 

Inanuma
週5で普通に働いているサラリーマンなどにはこの「余白」が作りづらいです。

 

Inanuma
確かに土日とか休みはあるけど、「休んだつもり」の人が多い。

 

Inanuma
例えば自分はたまに、完全に休むための旅行(余白)などを入れるんです。

 

Inanuma
そしてその旅行のあとにいろんなアイデアがバンバン出てきます。

 

Inanuma
この余白は言わば「アイデアが出やすいようにするための準備」です。

 

余白を体験するトレーニング

Inanuma
なので、この余白を参加者に体験してもらいたいので、瞑想をしましょう!

 

美智也
(え?今、テンション高めのINANUMAが瞑想って言った???聞き間違いじゃないよね?)

 

参加者全員がポカーンとしてたのを感じましたww。

 

Inanuma
5分間、みんなで瞑想しますよ!

 

Inanuma
瞑想の仕方は目をつぶって、鼻下に通る息に全ての意識を集中します。

 

ある女性参加者は「鼻下の息?でも私、INANUMAさんみたいにヒゲ無いから。。。」

 

Inanuma
ヒゲなくても息には集中できるだろ!

 

参加者全員:www

 

Inanuma
ここでいろんな雑念的な思考が出てくるんですが、ひたすら息に集中を戻してください

 

Inanuma
それでは5分間、瞑想スタート!

 

そしてみんなが目をつぶって瞑想を始めましたww。

 

美智也
(瞑想での5分はメチャクチャ長く感じるな。。。)

 

そして5分が終了します。

 

Inanuma
どうでしたか?

 

多くの参加者はニヤニヤするのをやめることができなかったみたいです。学生バリスタのKAZU君という参加者は「なんか瞑想中、ずっとZeddのBeautiful Nowが流れていました。。。」

 

音源はコチラw:

 

「これってどういう意味なんですか?」

 

Inanuma
。。。

 

(このINANUMAとKAZU君のコンビは本当に面白いですw。漫才やってたら売れてるかも。この記事の後でもw。)

 

Inanuma
はい。。。余白をなんとなく体験できたのではないでしょうか?

 

Inanuma
少し前のボープラン旅では小泉にこの瞑想を勧められました。

 

Inanuma
この余白を少しでも日常生活に取り入れることを意識すると、「アイデアが出る準備」が整ってきます。

 

この瞑想が特に良い理由は、脳のアルファ波が出るからです。この状態だと脳はとてもリラックスしているので、良いアイデアが出やすいのです。逆に毎日ただ忙しくしていると、脳は常に緊張している状態なのであまりフルに活動できません。(ちなみに自分はもう以前から瞑想は結構やってますw。小泉翔平と瞑想の話でちょっと盛り上がってしまいましたww。)

 

問題2:「何を企画すればいいか分からない」という悩みへの解決法

自分の好きを仮決定する

Inanuma
いくら面白いアイデアがいろいろあっても、何を企画すればいいのか分からない人は多いはず。

 

Inanuma
そういう人は「好きを仮決定する」をしてください。

 

Inanuma
どういうことかと言うと、誰にでも何かしら「好き」はあります。

 

Inanuma
それを「仮決定」し、企画を進めます。

 

Inanuma
ここで大事なのが「」という部分です。

 

Inanuma
たまにいるんです。「自分で一度決めたことはもう曲げられない」みたいな。

 

Inanuma
でも最初から完璧に分かるわけないし、いろいろ変化もあります。

 

Inanuma
だからあくまでも「仮決定」。もし「ちょっとなんか違うな」と思ったら変更すればいいだけのこと。

 

固定概念をぶち壊すには?

Inanuma
「面白い」の定義は本当に難しいです。

 

Inanuma
ある人の面白いは別の人にとってはつまらないかもしれない。

 

Inanuma
みんなそれぞれ、「自分の常識」の中で生きています。

 

Inanuma
なので固定概念を壊すには、まずはこの「常識」を知ることが重要です。

 

Inanuma
この常識も人によって全然違います。

 

 

(自分にはどう見ても青と黒にしか見えません。)

 

Inanuma
あと、普通の日本人はカラスは黒だと思ってますよね?

 

Inanuma
ただ、北欧のヨーロッパとかでは「カラスは白」というのが常識なんです。

 

 

Inanuma
自分の常識が他の人にとってはもう真逆の「非常識」の場合が結構あります。

 

Inanuma
なのでこの「常識」を疑うことから始めることが重要です。

 

Inanuma
そのためには良いワークがあります!

 

そして4人組の班に分かれました。

 

稲沼竣

 

紙とペンを用意しました。

 

稲沼竣

 

紙の真ん中に小さい丸を書きます。

 

稲沼竣

 

そしてその丸の中に「自分の好きなことを」一つ書きます。

 

稲沼竣

 

そしてタイマーを30秒に設定します(時間は目安です)。そしてその間に新しい丸を作り、できるだけその好きなことに関連したことを連想して書いていきます。なるべく速めに、もう直感で。

 

稲沼竣

 

そして書いたら時計回りに、隣の人に自分の紙を渡します。

 

稲沼竣

 

自分の紙が元に戻ってくるまでこれを繰り返します。最終的には下記のような感じになりました。

 

稲沼竣

 

(カットしたり、分かりづらくてごめんなさい。)

 

Inanuma
そしたら、面白いと思うのを組み合わせてみてください。

 

Inanuma
何か良い組み合わせはありましたか?

 

ある参加者:「森と麻雀はどうかな。。。」

 

Inanuma
森で麻雀!w

 

ちなみに自分のでは「文章」と「マインクラフト」がなんか面白そうでした。

 

Inanuma
このワークはなるべく複数の知らない人とやれば、斬新なアイデアに繋がりやすいです。

 

Inanuma
これで常識外の行動が取りやすくなります

 

「怖いはチャンス」

Inanuma
多くの人は何か面白いアイデアを思いついても、「なんか怖いな」となることが多いです。

 

Inanuma
でもその「怖い」は固定概念をぶち壊すためには大きなチャンスなんです!

 

Inanuma
この前のボープランは予測不能だったので、意外とけっこう怖かったです。

 

Inanuma
でもだからこそ、ほとんどの人は「怖いからいいや」で終わります。

 

Inanuma
「怖い」はチャンスなんです!

 

美智也
(名言だ。。。)

 

Inanuma
そして次のボープランはインU.S.A.です!

 

参加者全員:「えええええええええ!!!!!!」www

 

補足:今回、個人的に一番びっくりしたこと

Inanumaはかなりいろんな高いリスクを取っています。

 

「怖いを実行」

・大学を途中でやめる

・不安定な状態でバイトをやめる

・今回、全く新しい挑戦の会社設立

など。

 

特にびっくりしたのがあの1ヶ月ラブホ生活です。

 

いや、もちろん企画は斬新で凄いんですが、それよりこれ、かなりリスキーな状態でやってるんですよ。自分はてっきり「もう貯金とか余剰預金が結構ある状態でやってるんだろうな。」と思ってました。でも実際は収支的にはかなりリスキーな状態でやってましたw。さすがINANUMA。。。

 

Inanuma
自分が「楽」と思ってる時に、あえて自分を追い込むと新しい道が開きます。

 

Inanuma
高いリスクもチャンスです!

 

Inanuma
ただ自己責任でねw。

 

「自分を変えたいと思ってるけどなかなかできない」と悩んでいる方へのアドバイス

Inanuma
自分を変えるには「場所」を変えることが手っ取り早いです。

 

変わるためには、

付き合う人

場所

時間軸

のどれかを変えると、自身も変わりやすいと説明してました。場所を変えると人間関係は自然と変わりますし、時間軸も変わります。

 

ある参加者:「時間軸ってなんですか?」

 

Inanuma
時間軸は例えばさっきの瞑想での5分と普段の5分は全然違うでしょ?そこのこと。

 

Inanuma
10日間の普通の仕事生活と10日間のボープラン生活の時間軸も全然違います。

 

Inanuma
要は「時間の感じ方」ですね。

 

小泉翔平は「場所を変えることに関しては侮れない」と語っていました。自身も北海道に行ってからけっこう変わったという体験話も少し話してました。

 

問題3:アイデア/企画はある、でもどうスタートすればいいか分からない

自分はここが一番勉強になりました。

 

Inanuma
「思いつく→目的・ターゲット設定→スケジュール→人に話しまくる→スタート」

 

Inanuma
もうこの繰り返しです。

 

Inanuma
「人に話しまくる」は超重要。

 

Inanuma
人に話しまくれば、自然と情報が広がる。

 

Inanuma
ただ、「目的・ターゲット設定」を早い段階で考えるのはかなり大事。

 

Inanuma
いくら良いアイデアでも、微妙な目的でターゲットが設定されていなかったら中途半端に終わる。

 

Inanuma
「思いつく→人に話す」をする人はたくさんいる。

 

Inanuma
でもアイデアを思いついた後にちゃんと目的とターゲット設定を先に決める人は少ない。

 

Inanuma
このステップをちゃんと踏むと「本気度」が変わってきます。

 

Inanuma
大手メディアなどが「本気の企画」を聞くと、何かしらのマネタイズに繋がりやすい。

 

幸野真也はInanumaの特に凄いところはここだと強調していました。ただ面白いアイデアを思いつくだけでなく、それを本気で実行する」のが本当に希少価値いろんなアイデアとかを人に話しまくってる人はたくさんいる。

 

でもInanumaほど「この企画は死んでも成し遂げるよ」という情熱が他との差別化に繋がっています。だから大手メディアも「この人を支援したい!」となるんです。

 

自分は正直、そこまでメディアに取り上げられたいという欲はないんですが、この「思いつくから実行までの具体的なステップがメチャクチャ勉強になった。これは自分としてはかなり応用できる。

 

広まらない場合。。。

Inanuma
大手のメディアに取り上げられれば、自然と拡散します。

 

Inanumaはこのメディアに取り上げられるのをもう過去に何回か成し遂げています。

 

Inanuma
ananとかでの紹介はもう全部、仕事仲間の知り合いとかでです。

 

Inanuma
何か特別な営業とかは全くしてません。

 

Inanuma
さっきも説明したみたいに、「本気の企画」を人に話しまくったのが大きいです。

 

メディアなどで広まるための応用編

Inanumaはホワイトボードで今後、行う企画をズラズラと書きました。主に地方(九州とか)での今後の活動。

 

Inanuma
これだけ実際に実行する企画があると「掛け算して更に広がりやすくなる」んです。

 

ざっくり例えると、予定の「地方で10日間のラブホ生活」など他にいろんな企画が「掛け算」になるんです。一つの企画が他の企画と絡まったり、メディアがコラボしたりなどなど。

 

ここは少し上級者編ですが、簡単に説明すると良い企画がたくさんあると可能性はもっと広がる」ということです。たぶんほとんどの人はそもそも「面白い企画を一つも実行できていない」状態なので、このメディアへの取り上げられ方とかを気にする段階ではないです。上記で説明している初期の行動を実践することに集中した方がいいです。

 

Inanuma
名刺をいくら集めても大して何も変わらない。まずは自分を面白くすることに集中!

 

美智也
(また名言が出た。。。)

 

今回のINANUMAのイベントの自分の正直な感想

良かった!!

本当にメチャクチャ勉強になった。すぐにちゃんと実践するのは難しいだろうけど、少しずつできることからやれば、全然自分みたいな引きこもり系でも応用できる。とにかく凄いと思ったのが、全てが細かく言語化されている」ところです。これヤバイとにかく取るステップ・行動を具体的に教えてくれた。

 

今までは「面白いを実行するにはもう何から始めればいいんだ?」という非常に思考が曖昧な状態でした。でも今回のイベントに参加して、全てが頭の中で整理されました「あ、こういう順序でやれば、別に自分みたいな奴でも全然、何か自身にしかできない面白いを実行できる!」と勇気をもらいました。

 

稲沼竣、幸野真也、小泉翔平に感謝です!!!本当にINANUMAのイベントに参加して良かった。

 

参加者の一人のマエバヨシアキさんは「これで3千円なんて安いな。2倍以上でも払う。」と言ってて、自分も同感でした。そこら辺の胡散臭いセミナーとかより全然勉強になる(セミナーに行ったことないけどw)。

 

余談:Inanumaイベントのその後

実はこのイベントが始まる前、INANUMA「このイベントの後、打ち上げをします!サッカーの試合で日本代表が勝ったら、全金額を奢ります!」と宣言してました。そして日本代表は本当に勝ってしまいましたw。

 

Inanuma
なんか俺が日本代表を勝たせたみたな感じになっちゃったな。。w。

 

美智也
w

 

そして飲み会が苦手なのに打ち上げに参加してしまいました。ブロガーなどの集まりだとなんか断れないw。自分は結局ウーロン茶だけだったけど。

 

打ち上げでは、INANUMAはボープランとかでの「面白いを実行する」のもっと深い本質の話をしました。それらの内容はもう本人に任せますw。そして「解散」しました。

 

喋るTシャツ

 

もうけっこう前からINANUMAはすげぇ面白い(ドレッドとツイストも超かっこういい)と思ってたんで、一緒に写真が撮れてメッチャ嬉しいです!なんか被っちゃってごめんなさいw。

 

喋るTシャツ

 

でも自分、本当にドレッドやってみたいんですよ。マジで。周りは誰も信じてくれない。。。

 

ただ自分は大きな失敗をしてしまう。。。

打ち上げを始めたのはもう10時近くで、自分は次の日とかは特に決まった予定はないので終電はどうでもよかった。(自分は埼玉です)

 

打ち上げ後はその辺をブラブラする予定でした。そして終電の電車で学生バリスタのKAZU君と新宿で降りるはずが。。。

 

つられて気づいたら電車の扉が閉まってた。。。KAZU君はかなり酔ってたw。終電だったからもうぎゅうぎゅうで、出られなくなってしまった。。。

 

美智也
あああ、なんで新宿で降りなかったんだ?自分は何をしてるんだ???

 

稲沼竣、幸野真也、小泉翔平、本当にすみません。<(_ _)> 彼らは非常に優しい方達ですが、初対面でこれはちょっとうざいでしょ。。。(自分は被害妄想とネガティブ思考がかなりひどい。。。)打ち上げ後はいろいろ。。。

 

喋るTシャツ

 

稲沼竣・幸野真也・小泉翔平のトリオはいろんな意味で凄すぎるwww。

 

美智也
今日は本当にありがとうございました。≦(._.)≧

 

今回のイベント主催者・参加者を紹介(覚えてる限り)

イベント主催者

 

喋るTシャツ

SHUN INANUMA

 

喋るTシャツ

幸野真也 @masaya_yukino

 

Inanumaとバンド仲間だったみたいですね。「バンドは途中から苦しくなるんですよね。。。」と共感できちゃいましたw。いろいろ面白い話が聞けましたww。

 

参加者

 

喋るTシャツ

GUN-GRU-OWNのマエバヨシアキさん http://gungruown.com/top.html

 

マエバヨシアキさんはとても落ち着いた性格の方でした。いろいろ考えており、なんか突破口が見つかるはずです!

 

コーヒースタンドKAZU

喋るTシャツ

KAZU君

 

KAZU君はコーヒーに対する情熱がもうヤバイ。。。そしてキャラが凄いw。是非、一度はKAZU君と会って話してみる価値はあります!

 

喋るTシャツ

ISHIIさん(歌うプログラマー) @ISHII_SingPG

 

「歌うプログラマー???どんな曲を作るんだ?」とみんなが興味を示しましたw。自分も聴いてみたい!

 

喋るTシャツ

Corona(フリーダムバリスタ) @infonote777

 

ワークで隣でした。好きなものは「コーヒー」だったのを覚えてます。でもなんか格闘技をやってる???的な告知をしてました。ギャップが凄すぎる。。。バリスタ格闘技はかっこいい響きだなw。

 

俺の屍を超えて行け!!!

喋るTシャツ

だいち(音楽で泣く男大地)

 

ブログのタイトル名が最高すぎるw。だいち(たしか年下だった)はUVERworldが大好き。熱く語っていました。自分もUVERworldはかっこいいと思う。特に初期の頃。

 

その他

あとオリンピックに出てる選手がいました。。。マジで。普通にテレビに出てたみたい。確かなんかフェアリージャパンで検索すれば出てくると言ってたような。。他にパフォーマーとか、リバ邸の管理者?とかいて、ブロガーだけの集まりではなかったです。バンドマン系が結構いたw。

 

まとめ:結局、このイベントはどうだったの?

結論

とにかく超勉強になった参加して本当に良かった。INANUMAをメチャクチャ応援してます!

 

本当にありがとうございました!(そしてイベント後はすみませんm(_ _)m)

 

 

 

-ブログ運営のコツ

Copyright© 美智也のどん底から這い上がるブログ , 2018 All Rights Reserved.