ブログ運営 ミュージック関連

「ブログでセンスが良い!」の定義は?美智也の仮説

投稿日:2017年12月1日 更新日:


ブログ センス

 

こんにちは。

センスはとても大事な要素と考えている美智也です。

 

とは言っても、

まだまだセンスを磨き中です。。。

 

これからブログを始めたいけど、

「センス」について大きな疑問を抱えている方は

多いと思います。

それでなかなか「ブログを始める」に

踏み出せない方も少なくないです。

「センスが悪いと思われたら怖い」と。。。

 

ここがはっきりしてないと、

どうしても失敗しか想像できなくて、

始める気力が出ないです。。。

 

問題解決
絶希
僕はセンスが悪いからな。。。

 

私のセンスでは読者の心を動かすのは難しそう。。。
女性 悩み相談
暗陽

 

この記事では「美智也が持ってるセンスについての仮説」

を書いてます。

これを参考にして、

自身でも「センス」について考えてみてください。

 

「センスが良い」ブログを作ることができれば、

ファンがつきやすくなります。

ブログを始めるモチベーションにも繋がります。

 

ブログで「センスが良い!」の定義は?

まず、

「センスが良い!」は非常に主観的な感情です。。。

 

まぁ、人間のどの感情でも結局そうなんですけど。。。

 

ただ今は特にインターネットがあるので、

「何がセンスが良いのか」が分かりやすいです。

 

例えば、

YouTubeでの視聴回数と評判。

あの数字だけでも、

「センスが良いか悪いか」がかなり可視化されています。

 

ブログでもGoogleアナリティクスで

数字が全く伸びていないのなら、

「読者にとってはなんかセンスが悪いブログ」

という証拠です。

 

この「数字分析でのフィードバック」は

「センスを磨く」ためには非常に重要な要素です。

 

参考文献:

究極の鍛錬

 

自分自身で「これ、超センス良い!」

と思って作った作品でも、

読者がそう思わなかったら全く意味がないです。

 

全く意味がないです。

 

大事なことなので2回言いました。。。

 

逆に「これはイマイチだな。。。」

と適当にアップしたものでも、

アクセスの数字が伸びたら読者からしたら

「センスが良い!」というサインです。

 

もちろん数字だけでセンスを測れるわけではないですが、

かなり良い指標となります。

 

で、センスが良いものと悪いものは結局どうやって区別するの?

ここでもインターネットを活用できます。

 

『もう既に、「センスが良い!」と評判の人を探して

模倣することから始める』のです。

 

ここでは分かりやすく説明するために、

X JAPANを例にとります。

(自分は別にX JAPANの大ファンとかではないです。w

ただ、YOSHIKIは本当に天才だと思います。

特に彼の本を読んでから。。。ちゃんと最後まで読みます。w

参考文献:

YOSHIKI/佳樹

 

X JAPANにはもうたくさんの熱狂的なファンがいます。

細かい数字がなくても、

「多くの方からセンスが良い」と思われています。

 

自分は正直、

あの初期の頃の髪型に対しては「う〜ん。。。」

という感じです。w

でも、多くの方は特に当時は「カッコイイ!」と熱狂してました。

センスというのはそんなもんです。。。

 

年代、性格、性別、好み等々で

センスの良し悪しの感じ方は変わってきます。

 

美智也の「センスに対する仮説」

自分はまだ実験中なので断言はできないんですが。。。

 

ただ、

前からセンスに対してある仮説を持っています。

 

  1. 良いのが前提
  2. 極端
  3. 相反

 

この3つの組み合わせで「センスの良し悪し」が

決まると思っています。

 

1. 良いのが前提

この美智也ブログでは「個性!オリジナリティー!」と

強調していますが、w

ただ個性的でいればいいというもんではありません

 

参考文献:

できない脳ほど自信過剰

 

革新的すぎるアイデアは理解されない

 

むしろ個性的すぎると、

他の大半の人には全く理解されないで終わってしまいます。。。

 

でも以前に個性で上手く行った人を参考にしつつ、

独自のオリジナリティーを編み出す人は

成功する確率が高いです。

 

例えばYOSHIKI。

 

YOSHIKIはアメリカのKISSというバンドから

かなりの影響を受けています。

最初は彼らの外見とかを真似ていました。

そこからライブハウスとかでやっていく中で、

少しずつ自身の個性に合う衣装や髪型と進化させていきました。

 

もしあのまま、

ただKISSの真似をしていたら、

X JAPANはあそこまで化けなかったでしょう。。。

ただ「なんかKISSに似てる日本のバンド」

の中途半端な状態で終わってました。。。

でもアメリカで評判だったKISSのセンスを

真似することから始めたおかげで、

「ただの変な人達」で終わらないでも済みました。

 

なので過去の成功者を真似ることは大事です。

でもそこで終わってはいけません。

 

どんなに斬新で個性的でも、

大衆に全く理解されなかったら失敗で終わってしまいます。

 

2. 極端

X JAPANはとにかく極端でした。

 

あそこまで暴れるバンドは初めてでした。

本を読めば分かりますが、

もう何もかもを壊してました。w

 

バンギャルちゃんの日常 (1巻)でも、

伊藤さんという有名な警備の方の話が凄いです。w

X JAPANとそのファンは本当に暴れてました。。。

 

極端でしたから、

それだけで他のバンドと差別化ができました。

 

3. 相反

ただ上記でも書いたように、

斬新すぎるだけでは足りません

 

相反」の要素を含める必要があります。

 

例えばこれに関して、

X JAPANが非常に良い例です。

 

激しい曲がメインですが、

その中にイントロなどではソフトのクラシックを

上手く取り入れています。

 

この辺もYOSHIKIが天才です。。。

小室哲哉も自身の本で:

本来、激しいドラムと繊細なタッチが必要なピアノは両立できない

物理的に不可能なんです。

YOSHIKIはそのありえないを成し遂げているからもう。。。

(うろ覚えの引用です、すみません。)

 

その頃にはメタル系のバンドはもうたくさんいました。

でもライブハウスでクラシックの演奏とかをする

YOSHIKIとX JAPANはかなり異質な存在でした。。。

 

最初は他のメタルバンドなどから

かなりの批判を受けていました。

完全に孤立状態でした。

でも、それでも諦めなかった

そして理解してくれるファンが少しずつ増えていった。

とうとう、

もう誰もが認める「天才達が揃ったバンド」となった。。。

 

このストーリーから学べることは本当に多いです。。。

YOSHIKIの本を読むことを本当にお勧めします。。。

ただの激しいドラマーではないということに気づきます。。。

なぜ多くの方の心を掴んだのかが

くっきりと見えるようになります。。。

 

最後にセンスについてのヒント

センスは結局「何を選ぶか」で決まります。

 

参考文献:

ヘアデザインってなーに?

(美容師・ヘアメイク向けの本ですが、

「デザインセンス」について非常に参考になります。)

 

例えば髪型は黒を選ぶか、

金髪を選ぶか。

などなど。

 

一つ一つの「選択」でセンスが形成されます

このコンセプトを少しでも意識するだけでも、

「良いセンス」を磨けるようになります。

 

補足

上手くいってるブロガーさんを研究することは大事

良いフィードバックを受けているブロガーさんを研究して、

模倣することから始めるのは大事です。

 

 

でも少しずつ「自身にしか出せない個性」

も意識して成長させていきましょう。

 

まだブログを始めてないなら。。。

下記の記事で超初心者でも分かるように、

ブログの始め方をまとめました。

 

 

まとめ:結局、ブログでのセンスを磨くには?

  1. センスが良いのは大前提(数字分析で改善していく)
  2. 極端
  3. 相反

 

この「法則」を少しでも意識すると、

ブログの世界で応用すれば、差別化が図れ、

上手く行く確率がかなり高まります。

 

自分もまだ実験中なので、

一緒にこの法則を証明してみましょう。w

 

マジで。

 

「センスが良い」はただ先天的な要素ではありません。

鍛えることは全然できます。

 

むしろ、

X JAPANみたいに最初は「センスが悪い!」と批判されていても、

努力でファン層を広げることは全然可能です。

 

女性 悩み相談
暗陽
なんかセンスについての思考が整理された!

 

問題解決
絶希
僕でも「最高のセンス」が磨けそう!

 

 

この記事を書いた人


SNS

現在、Twitterでは「これから本格的にブログ運営を始めたい!」

という方におすすめの情報を発信しています。

フォローしてくたら、できる限りのサポートはします。

-ブログ運営, ミュージック関連

Copyright© 美智也のどん底から這い上がる記録 , 2017 All Rights Reserved.