Featured Video Play Icon

アフィンガー5 YouTube動画

AFFINGER5[WING]を導入した!新機能のメリット・デメリット具体的に

2018/3/27

  こんにちは!AFFINGER CRAZYの美智也です。w   自分はこの1年間、AFFINGER4を満喫しましたが、 ついにAFFINGER5(別名WING)が公開されました!   妄弥 いろんなWordPressテーマについて調べてるけど。。。   この新しいAFFINGER5/WINGはどうなの? 妄弥   本当に良いテーマなのか? 妄弥   この記事では自分のAFFINGER5/WINGの導入体験を詳しく語ってます。 導入するかどうかの ...

ReadMore

AFFINGER5/WINGの2つの『無料特典』は2018年8月31日までです。逃さないように。。。

バズる6つの方法(少しでもリツイート増):ブロガー向け

投稿日:2017年10月17日 更新日:

バズる 方法

 

こんにちは。

ブロガーの美智也です。

 

最初に言っておきますが、

自分は凄いバズった経験はないです。

 

ただ、

「Twitterで少し多めにリツイートしてもらった」経験はあります。

何度か。

 

そしてただリツイートが多かっただけでなく、

ちゃんと記事を読んできてくれた経験が何度かあります。

 

少しでもリツイートしてもらいたい!
問題解決
絶希

 

女性 悩み相談
暗陽
記事のツイートが全然拡散されなくて困ってる!

 

まだブログを始めたばかりで、

全然リツイートが増えない方に向けた「アドバイス」です。

 

はじめに注意点

これはあくまでも自分の体験に基づいた情報なので、

必ずうまく行くとは限りません。

 

バズるのにはもう運の要素がかなり大きいです。

「操作」することはかなり難しいです。

 

ただ、

「バズりやすくする」工夫はいろいろできます。

 

少しでも参考になって、

あなたのブログを読んでくれる人が増えたらとても嬉しいです。

 

まず、かなり参考になる本

バズる・拡散について、

Contagious: Why Things Catch On

という本がかなりおすすめです(上記の本)。

 

今は英語版しかないみたいです。。。

 

この本ではバズるための

6つの要素を分かりやすく説明してくれています。

 

実際の事例も書かれており、

とても分かりやすいです。

 

バズる6つの要素

1. ソーシャル通貨

ソーシャル通貨とは簡単に説明すると、

「他人からよく見られる価値」です。

 

よくインフルエンサーが「ツイートがバズるためには、

賢いと思われるようなことをつぶやけ!」と言ってますよね。

 

そのことです。

 

賢いだけでなく、

「かっこいい」とか「綺麗」とか

とにかく自身が良く映るようなことを指しています。

 

自分は正直、あまり実践できていないんですが。。。

 

強いて言えば下記がソーシャル通貨になるのかな。。。

 

 

自分は「賢いことを呟く」とか「かっこいいことを言う!」とか

あまり向いてないので、

個人的にはまだ探求中です。www

 

2. トリガー

トリガーとは日常生活で人々が思い出すことです。

 

どういうことかと言うと、

例えば1万円。

 

日々、多くの方は1万円を使っていますよね。

 

紙幣だけでなく、

デジタルでの支払いでも。

 

下記は一種の「トリガー」です。

 

 

例えば、

この記事を読んだ読者は今後、

「1万円」が日常生活で「トリガー」となります。

 

1万円に遭遇すると、

上記の記事を思い出す確率が高いです。

 

そして美智也のブログに戻ってくれる確率も高くなります。

 

プロブロガーのイケダハヤトさんの「コンビニ・現金」の煽りは

素晴らしいトリガーです。www

 

あの記事を読み、

コンビニで現金を使う人々は

嫌でもイケハヤさんのことを思い出してしまいます。www

 

3. 感情

強い感情が伴う事柄はバズる確率が高くなります。

 

 

この記事では自分のかなり強い思いを晒け出しています。

 

同じように共感する人は、

自然とこの内容を拡散したくなります。

 

もっと多くの人に知ってもらいたいからです。

 

人間は感情の動物なので、

当たり前といえば当たり前です。。。

 

4. 公

人間は目で「見て」、

いろんなことを判断します。

 

逆に「見えない」と、

すぐに忘れてしまいます。

 

 

上記のはちょっと若干ズレてるかもしれませんが、

根本は似ています。

 

結局、「外」に出て、

人に見てもらわないとバズることは難しいです。

 

家でコソコソとブログを書いていて、

大量のアクセスが得られた時代はもうとっくに終わってます。

その方法で記事が拡散されることは稀です。

 

顔とか景色とか、

「見えるもの」は自然と広まります。

 

でも誰が書いたかも分からない文章を、

ユーザーは広めたいとは思いません。

 

ただ、これに関してもまだちょっと模索中です。。。

 

5. 有益性

これは一番、

誰でも実践しやすい事柄です。

 

誰でも有益な情報は持っています。

 

有益な情報とは「自身の体験に基づいた情報」です。

とてもシンプルです。

 

 

上記は自分の体験に基づいた、

「ブログの始め方」の記事です。

 

ブログの始め方の記事は世の中に腐るほどありますが、

「美智也の体験に基づいたブログの始め方の記事」

は上記の1本しかありません。

 

それが貴重となります。

 

ネット上にある

たくさんの情報をただまとめることはそんなに難しくないです。

 

でも読者にとってあまり参考にならないです。

体験に基づいた情報ではないですから。

 

なので「あなた自身の体験に基づいた情報を提供していく

ことを意識してください。

 

大量拡散は無理でも、

Twitterなどでフォロワーが増えやすくなります。

 

6. ストーリー

人間はとにかくストーリーが大好きです。

 

大昔はストーリーを口頭で語っていました。

今でも映画や小説などでのストーリーはまだまだ人気です。

 

とにかく人間はストーリーが大好きです。

 

 

上記の記事ではただイベントのことを書き出したのではなく、

「ストーリー」を語りました。

 

Shun Inanumaのことをどうやって知ったのか、

イベントに参加しようと思った経緯、

イベント後など。

 

なのであなたが何かの体験をするとき、

その「ストーリー」を記事にしてください。

 

このブログの今までの記事で、

上記のような

イベントに参加系」がアクセスが多い傾向にあります。

 

具体的に言うと「いっしーのオフ会」「Inanumaのイベント」

「成田空港であんちゃさんとのインタビュー」など。

 

これらの記事はリツイートはそこまで多くなくても、

その記事をちゃんと読みにくる人が多かったです。

 

それだけでなく、

リンクしてくれた人も結構います。

(要するに検索エンジン最適化を強化してくれたということです。

本当にありがとうございます。<(_ _)>)

 

ブログのアクセスでかなり悩んでいる方は

ブロガー主催のイベントなどに参加することをオススメします。

ブロガーのオフ会でもいいです。

 

そしてそのストーリーを記事にして

そのイベントの参加者にメッセージを送れば、

高い確率でリツイートしてくれます。

 

結果的に「バズる」ことが可能です。

 

もちろん、

ただそれが目的でイベントに参加するのはオススメしません。w

 

心から好き・興味がある・尊敬している

ブロガーのイベントに参加して、

楽しく勉強して、記事にしましょう。

 

それが結果的にアクセスを増やすという話です。

 

補足

アクセスでマジで悩んでいるなら。。。

下記の記事が何かしら参考になるはずです。

 

関連記事
ダメ人間 ブログ
ダメ人間のブログ数字:自分が取ってる行動も具体的に記載

 

「バズる方法」についての参考文献を他に知りたい場合

下記の記事ではブロガー向け関連の本をまとめているので、

良い参考文献が見つかります。

 

関連記事
Kindle Unlimited おすすめ
Kindle Unlimitedでおすすめ[ビジネス書]40選:半年以上の体験談

 

「バズる方法」のまとめ

1. ソーシャル通貨

2. トリガー

3. 感情

4. 公

5. 有益性

6. ストーリー

 

上記の全てが必要というわけではないです。

 

必要なものを組み合わせればいいです。

全てを含めるのはかなり難しいだろうし。。。

 

バズる方法というよりは、

少しでもリツイートしてもらって、

記事を読んでもらう方法を少し紹介しました。

 

でも「炎上」とかより、

上記の方法なら誰でも実践できそうですよね。

 

問題解決
絶希
これなら自分でもできそう!

 

私にも実践できそう!
女性 悩み相談
暗陽

 

美智也
自分の体験が少しでも参考になってくれたら嬉しいです。。。

 

 

-ブログ運営のコツ, キンドル

Copyright© 美智也のどん底から這い上がるブログ , 2018 All Rights Reserved.