疑問 自己啓発 自分の意見

ブログでの情報発信はどこまで与えていいの?秘密にするべきことは?

投稿日:


ブログ 情報

 

こんにちは。ブロガーの美智也です。

 

この記事は

「初心者ブロガーなんだけど、

自分の特別な情報はどこまで公開していいの?

逆に秘密にしておいた方がいいことはあるの?」

と悩んでいる方のためです。

 

「情報を与える」本質を理解すれば、

適切な行動が取れるようになります。

 

与えることをどうしても躊躇してしまう

人間はどうしても「与える」という行為をためらってしまいます。

 

なんでか?

 

追い越されたくないから。

 

自分の特別なアイデアを盗まれるのではないかと

心配でしょうがない。。。

 

先に結論を言うと、あまり心配しなくていい

アイデアはもうバンバン出してもほぼ大丈夫です。

 

なぜならアイデアは安いからです。

アイデアだけはそんなに価値はない。

 

でも本当に良いアイデアを実現するのはかなり難しい

これで価値が高まる

そう簡単には真似できないから。

 

なので自分の良いアイデアをどう実現するかのノウハウは

実現し終わるまでは秘密にした方がいいかもしれません。

 

でも正直、もう先に教えちゃっても平気ですよ。

 

たとえ他人があなたの良いアイデアをまるっきり盗み、

実現する方法も完全に真似したとしても、

出来は絶対に異なります

 

人間はみんなあまりにも違いすぎます。

双子でもよく観察すると違いが多い。

 

異なる個性の人間が同じことをしようとしても、

産物は全然違うものになります。

 

ブログでの情報発信であまり与えないとどうなるか?

当たり前だけど、初心者ブロガーは不利

特に初心者ブロガーの場合、

そんなに貴重な情報を持ってないです。

 

なので少しでも他と差別化を図るために、

もう良いアイデアとかも情報発信しちゃった方がいいです。

初期の頃はブログをまともに読んでる人はほとんどいないし。

 

最初の頃のわずかな読者は

「このブログ、いろんな良いアイデアを教えてくれるな。

今後も読み続けよう。」となります。

 

そして少しずつリピーターが増えていきます。

 

「与えたくない」という思考そのものに問題

あと「与える」「与えない」以前に、

その考え方でもうすでに負けを宣言しているようなもんです。

 

なんでか?

 

だって、「少しでも自分の良いアイデアを与えてしまったら、

自分はもう終わる」と思ってるから。

 

そんな考え方じゃ

この厳しいネットの世界では生き残れないですよ。w

 

「もう良いアイデアが多すぎる!!!別に少しあげたところで

自分の成功にはなんの関係もない。たとえパクられても、

全然余裕」と考えてる人の方が明らかに成功しやすいですよね?

 

美智也の体験

自分は匿名でアフィリエイト専門のサイトを運営してるんですが、

そこでは凄く良いアイデアはあまり書いてないです。

 

結果?

 

かなり無難なサイトです。とにかく中途半端。

自分から見ても全然面白くない。

 

「こんなつまらないサイトには戻ろうとは思わないだろうな」

 

でもこっちのブログではもう結構いろんな情報を与えてます。

 

今回の結果?

 

匿名でのアフィリエイト・サイトで1年で得たリピーター数は、

このブログでは3ヶ月程度で獲得しました。

 

もちろんちょっと比較が単純すぎますが、

明らかにもう自分の良い情報を与えちゃった方が

面白いサイトが出来上がります。

 

そして読者は戻ってくれます。

なんだかんだ言って、ブログでの収益化でアクセスは大事。

 

ブログでの情報発信で与えることについてのまとめ

初心者ブロガーの場合、

もうどんどん良い情報を与えちゃいましょう

 

「どんなに良い情報を明かしても、自分は平気」

という余裕を作り上げましょう。

 

明らかにそういう考え方を持ってる人の方が

最終的には勝ちます。

 

 

美智也の詳しいプロフィール

 

人気記事

慶應に合格しちゃったのが自分の人生での1番の不幸。マジで。

 

アメリカで育ち、日本に帰国して10年。日本人に幻滅した。

 

若者は1年間ニートをやるべき、死に際で後悔がイヤなら

 

倉庫での仕事をやればどれだけ恵まれているかに気づくよ

 

一人暮らしでの失敗5選、酷すぎて笑えない。。。

 

アメリカでの高校生活、最悪な体験トップ10

 

関連記事

 


SNS

現在、Twitterでは「これから本格的にブログ運営を始めたい!」

という方におすすめの情報を発信しています。

フォローしてくたら、できる限りのサポートはします。

-疑問, 自己啓発, 自分の意見

Copyright© 美智也のどん底から這い上がる記録 , 2017 All Rights Reserved.