自分の意見 原始仏教

職場での悪口が酷すぎる。。。もう耐えられない場合の対策

投稿日:2017年3月24日 更新日:


職場 悪口

 

こんにちは。

悪口が本当に大嫌いな美智也です。。。

 

職場で悪口が酷すぎると、

もう本当に精神的にキツイですよね。。。

 

自分も数年前は派遣で倉庫で働いてたんですが、

もう毎日、悪口を言う人がいました。。。

本当に頭が狂いそうでした。

 

問題解決
絶希
もう無理!!!

 

もう本当に耐えられない!!!
女性 悩み相談
暗陽

 

この記事では

「職場での酷すぎる悪口」に対する解決策を提案します。

 

今後どうするかの良いヒントになれたら幸いです。。。

 

そもそも悪口はなんでダメ?

悪口が嫌いな人がいるのに、

逆に悪口ばかり言っていて快感そうな人もいる。

 

この差は何?

 

人間は言葉でコミュニケーションをする特殊な動物です。

 

言葉にはいろんな意味が含まれています。

我々がいろんな環境で育つ中、

それぞれの言葉に対していろんな反応をします。

 

好きな言葉もあれば嫌いな言葉もあります。

 

ある人にとってはどうでもいい言葉でも、

別の人にとっては物凄く大事。

ハッピーになる言葉、悲しくなる言葉などなど。

 

いろんな言葉にはいろんな感情が付きまといます。

 

言葉そのものが何か意味があると言うよりは、

私たち人間がそれぞれの言葉にどう反応しているかが重要な点です。

 

だから同じ悪口でも、ある人は嫌いでも、

別の人は好きかもしれません。

 

悪口が悪い本当の理由

悪口を言っている人は確かに嫌なことを

吐き出すことで一時的にスッキリします。

 

でもこれが本当に一時的な快です。

 

そしてこれがクセになると、その快感をもっと欲しくなります。

なのでいつもの会話で悪口を言うようになってしまいます。

ここまで来ると、もう病気ですね。

悪口をいつも言ってしまう病気。

 

一種の「ドラッグ」と言い換えてもいいかもしれません。

悪口というドラッグがないと快感を得られない状態。。。

 

でも悪口を言われる方は不快に感じます。

信用も少しずつ減っていきます。

 

だって、あなたと一緒に誰かの悪口を言っている人は、

「別の人と会話している時は

あなたの悪口を言っているだろう」

と思うからです。

 

自分も悪口言われているだろうなと思うと、

その人の悪口を聞くたびに嫌な気持ちになります。

 

他人の悪口でも、

自分の悪口を直接言われているようなものです。

自分の顕在意識は気づいていなくても、

潜在意識はこれにちゃんと気づいています。

 

だから「なんか悪口って不快だな」とぼんやり思うのです。

 

もちろん悪口はネガティブな事柄ばかりなので、

言っている本人は「負」に染まってしまいます。

 

自分の発している言葉は自分が一番聞いてますから。

 

一回や二回の悪口では特に何も変わりません。

でもそれを何日も、何週間も、何ヶ月も、何年も続けると、

どんどん「負」が蓄積していきます。

 

これは侮らない方がいいです。

 

小さな水滴でも、いずれは水瓶全体をためます。

 

参考文献:

超訳 ブッダの言葉

 

そして悪口ばかり言う人は、いずれは破滅します。

本当に。

だって悪口を言っている本人が一番苦しんでいますから。

 

その人は自分で気づいていないだけです。。。

 

結局悪口を言うと、自分が一番苦しみます。

だから悪口はよくないんです。

 

自分のためにやめた方がいいんです。

 

悪口ばかり言う病気の人が実際に破滅していった人の体験談。。。

自分が派遣だった頃、

職場では40代ぐらいの女性がいました。

 

その人はいつも人の悪口を言っていました。

 

ある人にはAさんの悪口、別の人にはBさんの悪口。

一周回ってみんなの悪口を言っていました。

 

もちろんこの人はどんどん不幸になっていきました。

その人を嫌いになる人は増え、

本人自身もどんどん不機嫌になっていきました。

 

そして一時的な快を得るためにもっと悪口を言います。

完全に悪循環でした。

 

そしてある日、

名字が変わっていました。

夫と離婚することになったのです。

 

シングルマザーになってしまい、

極貧になりました。

 

もちろん本人は自分が悪いとは微塵も思ってなく、

自分の不幸は全部周りのせいにしていました。

 

そしていずれは別の従業員とトラブルを起こし、

辞めました。

 

もちろん悪口だけがこの人の不幸の原因ではないと思います。

 

でも「悪口を言っていない日々を送っていたら、

絶対にあそこまで不幸にはなっていなかった」

とは断言できます。

 

職場に悪口を言う人がいて、ある程度我慢できるのなら、

一定期間は観察してみてください。

 

あまりに重症の悪口を言う病気の人でしたら、

近いうちに勝手に破滅していきます。。。

 

美智也は悪口についてどう思う?

もちろん自分も人間です。

 

嫌いな人はいっぱいいるし、

頭の中で悪口が出てしまうこともあります。

 

でも自分は口には出さないように極力気をつけます。

 

そもそも自分は口数がかなり少ないので、

ほとんど苦労してないですが、

よく喋る人は特に悪口をついつい

言ってしまうのではないでしょうか。

 

自分にとって、

悪口って時間とエネルギーと息の無駄です。

本当に。

 

意味が分からないです。

 

悪口って面白いんですか?

ごめんなさい、全然おもしろくないです。。。

その会話、超つまらないです。。。

 

他の人の欠点とかどうでもいいし。

その悪口ばかりの会話って退屈でしょうがないです。

 

自分は本当に悪口が大嫌いです。

自分は悪口ばかり言う人とは全く交流しません。

 

結局どうすればいいの?

ここまで読んで、

「じゃあ悪口に対して結局どうすればいいの?

なんか解決策はあるの?」

と思っている方が多いと思います。

 

まあ、簡単な解決策はないです。

 

ほとんどの人はすぐにはその職場を辞められないだろうし、

直接本人に「悪口やめて」と言っても効果はゼロでしょうね。

 

ただ、少しアドバイスはあります。

これで完全に直るとは期待しない方がいいですが、

緩和はされて、そこまで不快にはならないと思います。

 

対策1: 「自分は困っている」と言うメッセージ

まず、悪口ばかり言う人に威圧感を与えずに

「ちょっと話をしていいですか?

自分、ちょっと困っていることがあるので」

と穏やかに話してみます。

よっぽど理不尽な方でない限り、対応してくれるでしょう。

 

「自分、ちょっと困っていることがあります。

あなたはよく人の悪口を言いますよね?

その行動で、私はかなり不快に思っています。

その悪口を言うという行動を

少しでも減らす努力をしてくれませんか?

私の気持ちを理解していて、

その行動を続けたら私達の関係は悪くなりますよね?

この職場で私達の関係が悪くなって欲しいですか?

良くなって欲しいですか?」

 

ここで重要なのは、とにかく相手に穏やかに話すことです。

相手の「行動」が不快であって、

その人本人が悪いわけではないということを強調します。

 

その「行動」自体が悪いのです。

そして大事なのは、

その行動を「続けたらどうなるのかについて気付かせることです。

 

悪口を言っている人は、

その「行動」を「続けたら」周りとの関係がどうなるかについて

気づいていないのです。

 

それを認知すれば、自然と嫌な行動はやめます

認知していないからいつまで経っても直らないんです。

 

本人が気づけば、

周りが別に強制しなくても自身で直そうとします。

 

本人に

「悪口という習慣を続けると自分に嫌なことが起きるよ」

ということを気付かせることができれば、

問題は穏やかに解決します。

 

ただ、

悪口の病気が軽い人は真摯に対応してくれるかもしれませんが、

重症の方にはどうでしょうね。。。

 

試してみる価値はあると思いますが、

あまり期待しすぎない方がいいです。。。

 

参考文献:

TQ―心の安らぎを発見する時間管理の探究

 

対策2:その職場を辞める

これはたぶん多くの方が

アドバイスしているんではないでしょうか?w

 

特にプロブロガーさんとかは

「すぐにでもそんな職場やめろ!」と煽っている傾向がありますね。w

 

あまりにも酷かったら辞めるのは一つの選択肢だと思います。

 

ただ、悪口はどの会社にもあります

時期や人や環境によって差はあれども、

どこにでも「悪口をよく言う人」はいます。残念ながら。

 

自分はいろんな職場を経験しているので、

これは事実です。。。

 

根本的に問題を解決したいのであれば、

対策1を試してみて、

もうどうしてもダメだったらその職場は辞めましょう。

 

別のもっと良さそうな職場を探すか、独立しましょう。

 

独立すれば、

ほとんど周りの人間関係を選ぶことができます。

 

独立と聞くと臆病になってしまう人が多いですが、

別にそんな大きなことを言ってません。

 

特に今の時代。

インターネットの力がありますから。

 

周りを見てみてください。

 

この世の中で何か問題点があって、

自分に解決できそう、解決したい、

と思うようなことがあればそれをビジネスにすればいいだけです。

 

もちろん簡単ではないですが、

ある程度良いアイデアと行動力があれば、

全然可能です。

 

みんな独立やビジネスを複雑に考えすぎです。

 

自分の好きなこと、

何かの情熱を利益に変えればいいだけです。

 

「こうでないと絶対にダメ!」

と言うのはビジネスの世界ではないです。

 

むしろ今までにないものを作り上げれば

ビジネスはかなりの確率で成功します。

 

補足:もうどうしても無理なら。。。

もうどうしても精神的に無理なら、

仕事をやめましょう。

 

そしてブログを始めることを強くおすすめします。

 

 

ブロガーになれば、

職場でのくだらない悪口に付き合わなくて済みます。。。

 

職場での悪口が酷すぎる。。。どうすればいいのかのまとめ

職場や学校での悪口が酷すぎる場合、

まずはその人に威圧感を与えずに、

穏やかに話し合いをしましょう。

 

それでもダメだったらそこを辞めて、

自分の新しい世界を築いていきましょう。

 

自分はもう最悪な人間関係で以前の職場を辞めました。

もう本当に無理でした。

 

自分は2年半前に

インターネットでブログを活用して、独立しました。

(この雑記ブログは7ヶ月目です。)

 

これからはほぼ完全に、

自分の人間関係を選ぶことができます。

価値観がちゃんと合う人と交流できます。

 

あなたに何が正しい選択なのかは自分には分かりません。

分かるわけがないです。

 

自分の価値観をはっきりさせ、

今後どうしていきたいのかの優先順位を決め、

選ぶのはあなた自身です。

 

あなたにとって何が本当に大事か

それが一番大事なことです。

 

私はその人と穏やかに話し合おう。。。
女性 悩み相談
暗陽

 

問題解決
絶希
自分はブログを始める!

 

妄弥
それか、拙者にお任せしてもいいんだぞ。。。

 

穏やかに!w ちゃんと記事読んでないだろ。w
美智也

 

 

この記事を書いた人


SNS

現在、Twitterでは「これから本格的にブログ運営を始めたい!」

という方におすすめの情報を発信しています。

フォローしてくたら、できる限りのサポートはします。

-自分の意見, 原始仏教

Copyright© 美智也のどん底から這い上がる記録 , 2017 All Rights Reserved.