「42ー世界を変えた男」のあらすじ:アメリカ育ちの自分の感想も

投稿日:

42 世界を変えた男 あらすじ

 

こんにちは、また映画について書いてる美智也です。w

 

「42ー世界を変えた男」という映画は数年前に観ました。

(今、Amazonプライムビデオで観れます!)

 

この記事ではこの映画の感想を述べていますので、

実際に観るかどうかの参考になれたら幸いです。

(ネタバレはほぼ無いです)

 

「42ー世界を変えた男」のあらすじ

42~世界を変えた男~

42 世界を変えた男 あらすじ

 

1940年代でのアメリカでの話です。

 

一応、実話に基づいてます。

 

この頃のアメリカではまだ人種差別が酷かったんです。

白人と黒人は同じトイレを使うのは法律的に禁止されてる

とかそういうレベルです。

 

50年ちょっと前のこととは信じられないですよね。。。

 

野球も白人と黒人のチームで別れていました。

黒人チームの待遇は明らかに白人チームより悪い。。。

 

ただある日、あるお偉いさんが

「白人のチームに黒人プレーヤーを入れたい」

決意しました。

 

主人公の黒人野球プレーヤーがその苦難/試練を

乗り越えるストーリーです。

 

最初は白人達に嫌われてるけど、

徐々に認められていく美しい話です。。。

 

美智也の感想

自分はかなり感動しました。

こういう「世界を変える」系は大好きです。ww

 

自分はアメリカで育ちました。

学校では少なからず、黒人生徒もいました。

 

自分の中では「黒人はスポーツが超うまくてかっけぇ」

という感じでした。w

 

でも、

その気持ちとは相反するものがあったのも否めません。

 

やっぱり「黒い肌」にはちょっと心的に『距離』がありました。

 

ネオナチのあれとはちょっと違いますが、

「心から親近感を持てない」という。。。

ちょっと自己嫌悪を感じる時もあります。。。

 

説明するのが難しいんですが。。。

 

心の80%は「黒人と仲良くしたい、ヒップホップはカッコイイしw」

という感じです。

ただ、残りの20%では「白い肌の方が正直、綺麗。。。」

という思い込みを捨てられないのも事実です。

今でも。。。

 

自分の価値観で「白人女性は超綺麗だな」というのが

ちょっと強く働いてるのもあると思います。(結婚とかは全く別の話ですがw)

「黒人女性と付き合うのはちょっと難しい。。。」というのが本音です。

(相手も自分を嫌だろうけどw)

 

人間は本当にアホですね。。。

 

生物学的には、肌の色に意味は本当にないんすよね。

肌は肌です。

ただDNAの組み合わせで人によって色が違ってくるだけ。

でも結局は、肌はただ肌。。。

 

まとめ

「42~世界を変えた男~」という映画は本当にオススメです!

 

特にこんな方におすすめ

  • 世界が良い方向に変わる歴史的瞬間を感じたい
  • アメリカ/人種差別問題に関心がある
  • 野球が好き

 

Amazonプライムビデオ

42 世界を変えた男 あらすじ

 

この記事を書いた人

-Amazonプライムビデオ

Copyright© 美智也のどん底から這い上がるブログ , 2018 All Rights Reserved.