300[スリー ハンドレッド]の映画を観た自分の感想(アクションに興味ない)

投稿日:2018年1月21日 更新日:

スリー ハンドレッド 映画

 

こんにちは。

最近、300[スリー ハンドレッド]の映画を観た美智也です。

 

この映画を実際に観るかどうか、

迷ってるかもしれません。

面白くない映画で時間を無駄にしたくないですよね。。。

 

妄弥
妄弥
実際どうなんだ?

 

この記事では自分の正直な感想を述べています。

 

なんらかの参考になれたら嬉しいです。

 

先に:自分が好きな映画

自分はアクション系にあまり興味ないです。w

男として珍しいみたいです。w

 

それより、

自分は「ストーリー・ドラマ重視」です。

 

その上で「アクションが良さそうであれば」

という感じで映画をチョイスしています。

 

自分がこの300[スリー ハンドレッド]を観てみたいと思ったのは、

主人公の「強靭な精神力」の部分に惹かれたからです。

「過酷な環境で育ち、

とんでもない精神力を育てた」

という設定が好きです。w

 

実際に300[スリー ハンドレッド]の映画を観てみて、どうだった?

スリー ハンドレッド 映画

 

「異空間」的な映画でした。w

 

ストーリー自体は一応、

実話には基づいてるみたいですが、

ファンタジー系に仕上がっています。

「現実の世界ではありえない」要素が

けっこう含まれています。w

 

アクションに興味ない自分でも

「カッコイイ!」

と思えました。w

 

ファイトそのものよりも、

「賢い戦闘方法で相手を倒してやる」

という意気込みがカッコよかった。

 

「300人だけでも、

何万人もの敵と立ち向かう」

という設定が良いですね。w

 

ただ戦なので、

もちろん死者は出てしまいます。。。

けっこう悲しいシーンもあります。

 

補足

映画が好きなら。。。

Amazonプライムビデオ は本当におすすめです。

 

スリー ハンドレッド 映画

 

 

300[スリー ハンドレッド]の映画は見放題に含まれていないですが、

プライム会員ならアクション系の映画を腐るほど観れます。w

 

結局、300[スリー ハンドレッド]の映画はどうだったの?

アクション系にあまり興味ない自分でも楽しめました。

 

自分は

『敵にどんなに人数が多くても、

「脳力」で絶対に勝ってやる!』

という設定が大好きです。w

 

あまり数字に固執しすぎても

意味がないということが学べるかも。。。

どんなに数が多くても、

能力が備わってなかったら。。。

 

 

この記事を書いた人

-Amazonプライムビデオ

Copyright© 美智也のどん底から這い上がるブログ , 2018 All Rights Reserved.