キンドル ネットに救われた話 ウェブで利益を得る 自己啓発 面白い情報のまとめ 商品・サービスの体験談 自分の意見 コミュニケーション力

自己啓発本、超まとめ100選:バンドマンのおすすめw(20代向け)

投稿日:2017年7月14日 更新日:


自己啓発本 おすすめ 20代

 

こんにちは。自己啓発が大好きな美智也です。

 

自己啓発本 おすすめ 20代

 

自分が所有している自己啓発本の一部ですが。。。

これはどちらかというとです。。。

 

もう紙媒体の本は古いんで。。。

自分は今ではもう本はほぼKindle版しか買いません。

 

ちなみに元バンドマンです。。。

 

この記事では自分が読んで「良い!」と思った

自己啓発本をまとめています。

 

自己啓発本 おすすめ 20代

 

「凄く良い!」や「まあまあ」などバラツキはありますが、

少なくとも「この本、最悪!」的なのは載せていません。

 

 

絵は雑wですが、

感想は真剣です!!!

 

目次

 

はじめに

この世の中には自己啓発本が多すぎる!!!

ほぼみんな、この悩みを抱えています。

 

特に本屋さんに行くと、もう数が。。。

 

どれが本当に良いのかが分かりません。

 

そもそも、自己啓発本の定義は?

とりあえず、

ここに記載している本は「人生になにかしら役に立つ」

ものを載せています。

 

もういろんなジャンルの本を載せています。

 

本当に良質な自己啓発本の見つけ方は?

アマゾンで注文することをオススメします。

 

上記でも言ったように、

本屋さんに行ってもただ混乱するだけです。

 

ランキングに入ってる本が必ずしも有益とは限りません。

その著者が人気だけの場合は多く、

その本自体の内容が良質とは限りません

 

では本当に人生の役に立つ本はどれか?

 

それは「口コミの数が多く、評価が高い本」です。

 

非常にシンプルです。

 

もちろん口コミは全てではありません

 

でも少なくとも自分は、

アマゾンで口コミの数が多くて評価が高い本を買って

ハズれたことはほぼ無いです。本当に。

 

たまにサクラが入る時もありますが、

口コミをちゃんと調べていればすぐにバレます。

 

なぜ口コミ評価はここまで強力なのか?

 

それは「読者が実際に本を購入し、読み、そして

正直の感想を述べているから」です。

 

「そんなの当たり前だろ!」と思うかもしれませんが、

そうなんです当たり前なんです。

 

アマゾンでは基本的に口コミ評価は匿名なので、

感想が本当に正直です。

 

広告は良いことしか謳っていないので、

あてになりません。

 

でも読者は著者と裏で繋がっていない限り、

別に嘘を言う必要がないです。

もう正直な感想を書きます。

 

そして同じように感じている人が多いと、

要するに口コミの数が増えると、信憑性も高まります。

 

これ、本当に当たり前なことしか書いてないです。w

 

ただ、

ネットでの口コミを上手く活用できていない人が

本当に多いんです。

 

美智也ほどのように自己啓発本を選んできたの?

自分は上記でも言ったように、

自己啓発本はアマゾンで購入しています。

 

自分が興味のあるものを検索し、

関連の本の口コミを片っ端から読みます。

 

例えば時間管理が全然ダメでそれを改善したいなら、

アマゾンで「時間管理」と検索すれば関連の本が出てきます。

 

詳細ページに行けば、もっとおすすめの関連本が表示されます。

 

実際に良いと思った本を購入するのに3時間ぐらいはかけます。

それだけ念入りに口コミを読み、

比較し、総合的に判断してから買います。

 

確かに考慮する時間は長いですが、

この方法なら「ハズレ」の本を購入する確率がほぼゼロで済みます。

 

質の低い本を購入して勉強しても、

むしろマイナスだけです。

 

この下調べを怠らないでください

 

もちろんこの記事ではなるべく良質な本だけをまとめていますが、

信用しきらない方がいいです。

 

最終的にはちゃんと自分で調べて、

考えて、判断してください!!!

 

注意

順番に特に深い意味はないです。

 

できるだけ分類を整理しましたが、

ズレがあるかもしれません。

 

「バンドマンのおすすめ」と書きましたが、w

基本的にはどんな分野の人にも役立つ本を紹介しています。

 

あと「20代向け」とも書きましたが、

ここで紹介する本のほとんどはどんな年齢の人にも

役立ちます。w

 

気になる本があれば、

実際にその本をアマゾンで確認してください!

 

さすがに一本の記事に100の発リンクは

SEO的にちょっと微妙なので、

記事下にアマゾンのリンクだけにしておきます。

 

不便ですみません。

 

自己啓発本おすすめ:本の読み方系

ここではまず、

「本の適切な読み方」についての本をまとめています。

 

ただたくさん本をガムシャラに読む人がいるんですが、

それではかなり効率悪いだけでなく、

逆効果の場合もあります

 

ただたくさん読んでも、混乱するだけです。

 

効率良く自己啓発本を読み、勉強しましょう。賢く!

 

そのためには「読む方法」がとても大事です。

 

「本を読む本」J・モーティマー・アドラー 、V・チャールズ・ドーレン

本を読む本

 

J・モーティマー・アドラーと

V・チャールズ・ドーレンの「本を読む本」

は本当に良い本です。マジでおすすめ。

 

これからたくさん自己啓発本(あるいはどんな本でも)

を読むつもりの人は、

まずはこの本から始めてください。マジで。

 

適切で効率の良い本の読み方が分かります。

 

時間を無駄にしないで済みます。

 

この本は超おすすめ。

 

『王様の速読術: 本は優秀な「家来」。だが、謁見時間は30分じゃ!』斉藤英治

王様の速読術

 

斉藤英治の「王様の速読術: 本は優秀な「家来」。だが、謁見時間は30分じゃ!」

は良い本ですよ。

 

ちょっと子供向けのように見えますが、

大人でも全然活用できます。

 

速読の「良い方法」をちゃんと教えてくれています。

まぁ、当たり前のことが書いてあるだけなんですが、

その当たり前ができてない人が多いんで。。。

 

なんか子供のときに読んだ「王様」の本と似てるような。。。

関連あるのかな?w

 

自己啓発本おすすめ:時間管理系

ここでは「時間管理」関連を記載しています。

 

自己啓発で非常に重要なのは時間管理の技術です。

 

時間を上手く管理できる人は仕事ができるのは間違いないです。

 

1日を48時間にして夢をかなえる―あなたを必ず成功させる魔法のランプの使い方」中井隆栄

中井隆栄

 

「1日を48時間にして夢をかなえる―

あなたを必ず成功させる魔法のランプの使い方」

は中井隆栄が書いた本であり、

面白い視点から書かれています。

 

1日には24時間あるというのが「常識」です。

 

ただ、この本では潜在意識を上手く活用し、

1日の時間を倍にする方法を教えてくれています。

 

もちろん実際に1日が48時間になるわけではないですが、

「時間を効率良く使えるようになる」ことが重要なポイントです。

 

「TIME×YEN 時間術 (タイムエン時間術) すべての時間を成果に変える31の鉄則」長野慶太

長野慶太

 

長野慶太の

『TIME×YEN 時間術 (タイムエン時間術) すべての時間を成果に変える31の鉄則 』

は時間管理を効率良くできるヒントがいろいろ載っています。

 

特に序文での「死」についての内容が

心にグサッと残ります。

 

日々の生活で、

死を意識している人は本当に少ないですからね。。。

 

「レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則」本田直之

レバレッジ時間術

 

本田直之の「レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則」

は物事をもっと効率良く

こなせるヒントがいろいろ含まれています。

 

この本はちゃんとじっくり読んでいないんですが。。。

決して悪い本ではないです。w

 

時間管理で悩んでいる人にはおすすめです。

 

『「要領がいい」と言われる人の、仕事と勉強を両立させる時間術』佐藤孝幸

佐藤孝幸

 

佐藤孝幸の『「要領がいい」と言われる人の、仕事と勉強を両立させる時間術』

はちゃんと最後まで読んでないです、ごめんなさい。。。

 

ただ、今、働きながら勉強しようとしている人には

おすすめです。

 

仕事をしてるとどうしても勉強できる時間が減るので、

とにかく効率性が大事になってきます。

 

この本では効率アップのヒントが載っています。

 

「TQ―心の安らぎを発見する時間管理の探究」ハイラム・W. スミス

ハイラム・W・スミス

 

ハイラム・W・スミスの「TQ―心の安らぎを発見する時間管理の探究」

はヤバすぎる。マジで。

 

もし最初に読むなら、これを読んでください!!!

 

「TQ-心の安らぎを得る究極のタイムマネジメント」という

文庫版が出ているみたいですね。

 

もうこの本はただただ、凄すぎる。

全人類が読むべき。

 

自分は完全にハイラム・W・スミスのファンです。w

 

自己啓発本おすすめ:潜在意識系

「潜在意識はなんか胡散臭い。。。」と思う人が多いですが。。。

 

ただ、少しでも潜在意識を上手く利用できるようになると、

びっくりしますよ。。。良い意味で。。。

 

「潜在意識が答えを知っている!」マクスウェル・マルツ

マクスウェル・マルツ

 

マクスウェル・マルツの「潜在意識が答えを知っている!」

はかなり素直にならないと効かない本です。

 

潜在意識の力を認めており、

もっと上手く活用できるようになりたい人におすすめです。

 

「眠りながら成功する―自己暗示と潜在意識の活用」ジョセフ・マーフィー

眠りながら成功する

 

ジョセフ・マーフィーの

「眠りながら成功する―自己暗示と潜在意識の活用」

は面白い本です。

 

自分は上手く実践できてないですけどね。w

 

ただ、コンセプトは良いです。

 

潜在意識についてもっと深く知りたくて、

上手く活用したい人にはおすすめです。

 

かなり素直さが必要ですけどね。。。

 

でも内容は決してデタラメではありません。

 

自己啓発本おすすめ:対人関係関連

ここでは対人関係関連、全般をまとめています。

 

人間は人間と関わる動物です。

この事実から逃れることができません。

 

対人関係が上手い人はやはり得をします。

 

「プロカウンセラーの聞く技術 」東山紘久

東山紘久

 

東山紘久の

「プロカウンセラーの聞く技術」はカウンセラーだけでなく、

どんな人にも役立ちます。

 

特に会話力で悩んでいる人におすすめです。

 

「会話上手は聞き上手」

とは誰でも聞いたことがあると思いますが、

これはけっこう本当です。

 

もちろんただ聞き役だけに偏ってしまうと会話になりませんが、w

多くの人は自分に集中しすぎているのは事実です。

 

もっと相手に誠実な関心を持てば

会話は自然とスムーズに行きます。

 

「あたりまえだけどなかなかできない 質問のルール」木戸一敏

木戸一敏

 

木戸一敏の「あたりまえだけどなかなかできない 質問のルール」

は対人関係で悩んでいる人におすすめです。

 

「質問は大事!」とは誰でも聞いたことがありますが、

「どのような質問が良いのか」

がいまいち分かっていない人がほとんどです。

 

適切な質問ができるようになると、

対人関係力はアップします。

 

「言葉と声の磨き方」白石謙二

言葉と声の磨き方

 

白石謙二の「言葉と声の磨き方」は良い本です。

 

自分はこの本でけっこう助かりました。

 

自分は口数が少なく、

あまり話しません。

 

なのでもう10代の頃から声帯が「弱かった」のです。

声が全く通らないというか。w

 

なのでこの本を購入し、声のトレーニングを開始しました。

 

CDが付いているので、

いろんな声のエクササイズで練習できます。

 

ICレコーダーで自分の声を録音して確認すると、

より効果的です。

 

「内気と不安を軽くする練習帳」ロナルド・M・ラペイ

内気と不安を軽くする練習帳

 

ロナルド・M・ラペイ の「内気と不安を軽くする練習帳」

は実践の本です。

 

ただ本を読むだけでは、対人恐怖症などは治りません。

 

自分はこの本を実践できていません、すみません。

 

でも希望がもらえる本なので、

対人恐怖症などで悩んでいる人は読んでみる価値はあります。

 

『自分の小さな「箱」から脱出する方法』アービンジャー・インスティチュート

アービンジャー・インスティチュート

 

アービンジャー・インスティチュートの

『自分の小さな「箱」から脱出する方法』

は本当におすすめです。

 

言ってることはとてもシンプルなんですけど、

意外と盲点なんですよね。

 

同じ言葉でも、他人との接し方で関係が変わってきます。

 

「箱の外に出る」を意識するようになると、

人間関係は改善されます。

 

詳しくは本を読むことを強くオススメします。

 

「誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール」野口敏

野口敏

 

野口敏の

「誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール」

は非常に良い本です。

 

自分はとにかく「会話が続かない」が大きな悩みであり、

いろんな対人関係の本を読んできました。

 

その中で、この本は会話に特化したものであり、

本当におすすめです。

 

人間は感情の動物です。

 

そして「共感」されたいのです。

 

だから相手の気持ちに共感することが大事です。

もちろん心からですよ。

 

これを意識するだけでも、会話が続きやすくなります。

 

ほとんどの人は「会話を継続させないと!」と必死になります。

でもそれでは逆効果です。

 

それよりも相手の「感情」に注目し、

「共感を示す」ことができれば、会話は自然と続きます。

 

自己啓発本おすすめ:教養系

ここでは「教養」関連の本をまとめています。

 

教養というと、

例えば日本の歴史など。

 

「日本の歴史を知ってなんの役に立つの?」

と疑問に感じる人が多いですが、

特に歴史を学ぶことは大事です。

 

なぜなら、「失敗」を学ぶことができるからです。

 

なぜ先祖は失敗したのかを理解すれば、

自分達でそれを防ぐことができます。

 

せっかく失敗が記録されているんですから、

そこから学ばないのはもったいないです。

 

「手にとるように日本史がわかる本」岸祐二

手にとるように日本史がわかる本

 

岸祐二の「手にとるように日本史がわかる本」は

学校での日本史が苦手だった人のためです。

 

分かりやすく、簡潔にそれぞれの時代が説明されています。

 

正直、日本史をもっと簡単に知りたい人は

漫画系の方が良いです。w

 

ただ、「漫画が嫌い。でも学校のテキスト系も嫌い!」

という人にはこの本がちょうどいいです。

 

自己啓発本おすすめ:知恵系

『「知恵系」って何?』とツッコまれそうですが、

日常生活で役に立つ知恵を説いている本のことです。w

 

「自己啓発本は全部そうじゃないの?」

とまたツッコまれそうですね。www

 

いや、そうなんですが、

とりあえず「知恵」という

イメージが強い本をここにまとめています。

 

「会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ」齊藤正明

齊藤正明

 

齊藤正明の本、

会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ」は

ギャグみたいなタイトルですが、w

すごく良い本です。本当に。

 

著者はある理由から実際にマグロ船に乗ることになりました。

そこでの過酷な環境で、漁師と長い時間を過ごします。

 

そして漁師からいろんなこと学びます。

 

普通のビジネスマンが「漁師から学べることはあるのか?」

と疑問に思ってしまうのはしょうがないですが、

彼らの知恵は深いです。

 

この本はおすすめです。

 

「自分さがしの旅(CD付き)」斎藤一人

斎藤一人 自分さがしの旅

 

斎藤一人の「自分さがしの旅」はとても良い本です。

 

「自分」という存在に悩んでいる人におすすめです。

 

誰でもたまに、

「自分をちゃんと理解したい!」という衝動にかられます。

 

そして旅をする人もいるんですが、

それで自分を「見つける」ことができるのは稀です。

 

この本での「自分さがし」はちょっと違う視点から述べられています。

 

「内」から自分を変えていく方法です。

 

自分は斎藤一人の本を何冊か読んでいますが、

この本は人生で何かモヤモヤしている人におすすめです。

 

「超! 自分マネジメント整理術 行動科学で3倍の成果を上げる方法」石田淳

石田淳 本

 

石田淳の

「超! 自分マネジメント整理術 行動科学で3倍の成果を上げる方法」

は行動で悩んでいる方のためです。

 

あまり実践できていないんですが、

良い本ですよ。

 

けっこう前に読んだ本なので

内容はあまり覚えてないです、すみません。w

 

でも決して悪い本ではないです。w

 

自分の行動を上手くマネジメントしたい方は是非、

読んでみてください。

 

「失敗学のすすめ」畑村洋太郎

失敗学のすすめ

 

畑村洋太郎の「失敗学のすすめ」はとても良い本です。

 

多くの人は成功者から学ぼうとしますが、

どちらかというと他人の失敗から学ぶことの方が大事です。

 

失敗を事前に防ぐことができれば、

必然的に成功しやすいです。

 

「面白いほど成功するツキの大原則―ツイてツイてツキまくる頭の使い方教えます」西田文郎

ツキの大原則

 

西田文郎の

「面白いほど成功するツキの大原則―ツイてツイてツキまくる頭の使い方教えます」

は特に自己啓発初心者におすすめです。

 

「ポジティブ思考の重要性」が説かれています

 

もちろん、ほとんどの人は「ポジティブ思考は大事」だとは

なんとなく分かっていますが、「なぜ」をちゃんと理解できていません。

 

理由をちゃんと理解できれば、

自然と思考がポジティブになっていきます。

 

「上達の法則―効率のよい努力を科学する」岡本浩一

上達の法則

 

岡本浩一の

「上達の法則―効率のよい努力を科学する」

はなにかしらで上達した人におすすめです。

 

例えばダンスや楽器や勉強などなんでも。

 

世の中には上達が早い人と遅い人がいます。

「彼らの違いはなんだ?」と疑問に感じたことはないでしょうか?

 

多くの人は「才能」で片付けてしまいますが、

多くの原因は「行動の仕方」にあります。

 

もっと効率良く上達したい人におすすめです。

 

「素直な心になるために」松下幸之助

素直な心になるために

 

松下幸之助の「素直な心になるために」は本当に良い本です。

 

松下幸之助と言えばパナソニックで有名な実業家。

彼のエピソードをいろいろ聞くと、

本当に心が綺麗な方でだと知ります。

 

人が成長するためには、素直さはもう超超超重要です!

 

素直さが欠いていると、

どうしても傲慢な心になってしまいます。

 

そして「自分は間違っていない!」という考え方だと、

成長が遅くなってしまいます。

 

なぜか?

 

人間は自分を客観的に見る能力が低いからです。

他人から言われて初めて気づくことなんてしょっちゅうです。

 

なので他人のアドバイスなどを素直に「聴く」ことは

とても大事です。

 

もちろん鵜呑みにするのは逆効果ですが、

素直さゼロよりはマシかも。。。

 

「涙の数だけ大きくなれる! 」木下晴弘

木下晴弘

 

木下晴弘の

「涙の数だけ大きくなれる!」はちょっと特殊な本です。

 

ほとんどの自己啓発本は「こうした方が良い」など

いろんなアドバイスが記載されています。

 

ただ、この本は違います。

 

ここではいろんなエピソードが載っています。

そしてそのストーリーを読むと、目が潤みます。w

 

「感動」すると、

「自分も頑張らないと!!!」となります。

 

たまに涙を流すことは大事です。

成長するために。

 

「感動力」平野秀典

平野秀典

 

平野秀典の「感動力」は良い本です。

 

確か斎藤一人も絶賛している本です。

 

読んだのはけっこう前なので、

内容は正直あまり覚えていないんですが、

悪い本ではないです。w

 

人を感動させ、

ビジネスを成功させるヒントを知りたい人にはおすすめです。

 

「本質を見抜く考え方」中西輝政

本質を見抜く考え方

 

中西輝政 の「本質を見抜く考え方」はとても大事な本です。

 

とにかく「本質」を見抜ける力は本当に大事です。

特に今の時代。

そしてこの能力はこれからもっと大事になってきます。

 

この能力を簡単に身につける方法はないですが、

どんなことでも「常に疑問」を持ってみましょう。

 

この思考法なら、騙される確率が減ります。

 

「奇跡力」井上裕之

奇跡力

 

井上裕之の「奇跡力」は

正直、まだ最初の方しか読んでないです、

すみません。。。

 

でもこの問題の多い世の中に革命を起こしたい人にはおすすめです。

 

人間は「奇跡」を起こす能力を持っています!

 

あとは信念と行動と情熱次第で、

本当に極端な話、

なんでも可能です!特に今の時代。

 

「もう、不満は言わない」ウィル・ボウエン

ウィル・ボウエン

 

ウィル・ボウエンの「もう、不満は言わない」

はけっこう有名な本です。

 

もう、非常にシンプルです。

 

不満を口にしないだけです。

 

「それだけで何が変わるんだ?」

と思ってしまう気持ちは分かります。

 

でも言葉の力は本当に凄いです。。。

本当になめない方がいいです。。。

 

自分はちゃんと実践できているかどうかと言うと、

できていない方です。。。

 

不満と言うより、ちょっとネガティブ思考なので。。。

 

精進します。

 

『「続ける」技術』石田淳

続ける技術 石田淳

 

石田淳の『「続ける」技術』は良い本です。

 

ただ、自分は2006年版を読んでいます。

 

2011年に新版が出ているみたいです。

たぶん内容はそこまで異なっていないでしょうけど。。。

 

何事も、続けることは本当に。。。w

 

続けるヒントがいろいろ載っています。

 

「強運を呼び込む51の法則」本田健

強運を呼び込む51の法則

 

本田健の「強運を呼び込む51の法則」は良著です。

 

「運は運!」と思っている人が非常に多いんですが、

そうでもないんですよね。。。

 

いや、もちろん単純な運の場合もあります。

 

ただ、

考え方次第でその運が「良くも悪くも」なれるんです。

 

むしろ「悪い運」の方が「利益が含まれている」場合が多いです。

もちろん考え方と行動次第ですけど。

 

「自分は評価されていないと思ったら読む本」小笹芳央

小笹芳央

 

小笹芳央の「自分は評価されていないと思ったら読む本」

は本当に良い本です。

 

ビジネスマンだけでなく、誰にでもオススメします。

 

今の時代はとても「不安定」です。

 

この不安定な時代を生き抜くためには、

いろいろ考え方を変える必要があります。

 

今までの「平成的」な考え方では、もうやっていけないです。

そうです、「平成的」。もう平成は古いです。

 

この本は本当に買って読んで、損はないです。

 

『すごい「実行力」』石田淳

石田淳 本

 

石田淳の『すごい「実行力」』は良い本です。

 

実行力を高めるためのヒントがいろいろあります。

 

今の自分はあまり実践していないですが。。。

 

ただ以前はこの本で提案されている「ポイントカード」

などを実践していました。

 

何も実行に移せていない人は試してみる価値はあります。

 

「眼力」斎藤一人

斎藤一人 眼力

 

斎藤一人の「眼力」はかなりオススメの本です。

 

この世の中には「嘘」が本当に蔓延しています。。。

騙す方はもちろん悪いですが、騙される方も

勉強不足で多少は責任があります。。。

 

この本を読むだけでも、知恵が身につきます。

 

特に「セミナー」についての内容が印象に残っています。

はっきり言って、高額のセミナーに行く意味はほぼ無いです。。。

数千円の良質な本を読む方がよっぽど効率良いです。。。

 

他にもいろんな知恵が載っています。誰にでもおすすめします。

 

「アインシュタイン150の言葉」

アインシュタイン150の言葉

 

「アインシュタイン150の言葉」はかなり良い本です。

 

もうアインシュタインは本当に天才ですね。

 

考え方・視点が凡人とは全然違います。

 

この本は一度は読んだ方がいい。誰でも。

 

「情熱思考」是久昌信

是久昌信

 

是久昌信の「情熱思考」は良い本です。

 

いろんな人の物語が載っています。

 

どんな天才でも、最初は普通の人でした。

 

むしろ、成功している人ほど逆境から這い上がっています。

 

このブログのテーマと一致しますので、

貴重な本です。。。

 

どん底にいる人は読んでみてください。。。

本当に勇気をもらいます。

 

「この不況で損する人この不況で得する人[CD付]」斎藤一人

この不況で損する人この不況で得する人

 

斎藤一人の「この不況で損する人この不況で得する人」

はとても良い本です。

 

言ってることはシンプルなんですが、

深いです。

 

「感謝」の重要性に気づきます。

 

CDも良い内容です。

 

『100円ノート「超」メモ術―目から鱗が落ちる!』中公竹義

中公竹義

 

中公竹義の

『100円ノート「超」メモ術―目から鱗が落ちる!』

は素晴らしいアイデアを提案しています。

 

もう今ではスマホがあるのでノートを使う必要はないですが、

アイデアは本当に良いです。

 

まだノートを使いたい方にはおすすめです。

古い形式のノートでも、効率性を上げることができます。

 

「3本線ノート術」橋本和彦

3本線ノート術

 

橋本和彦の「3本線ノート術」は面白い本です。

 

今はもうノートを利用する意味はあまりないですが、

何か新しいアイデア発想のためには効果的です。

 

人間は新しい、斬新なアイデアを思い浮かべるためには、

アナログ的な行動の方が何か面白いのが出やすいです。

 

そこで3本線ノート術を活用するのがおすすめです。

 

「一生折れない自信のつくり方」青木仁志

一生折れない自信のつくり方

 

青木仁志の「一生折れない自信のつくり方」は良著です。

 

「自信が無い」「将来に不安しか感じない」という思いを

抱えている人に特におすすめです。

 

良いことがたくさん書いてあります。

 

特に大事なのは「できることから始める」ことです。

これ、本当に重要です。

 

できないことはどんなに悩んでもできません。

なのでできることを少しずつ積み重ねるしかないんです。

 

「絶対成功する千回の法則」斎藤一人

絶対成功する千回の法則

 

斎藤一人の「絶対成功する千回の法則」は一見、

ちょっと胡散臭そうなタイトルに見えますが、w

とても良い本です。本当に。w

 

言ってることは全て、素晴らしいです。

 

ただ、本を読むだけと実際に実践するのは

全く別です。

 

でも本気で成功したい本は絶対に読んだ方がいいです。

 

「やる気のスイッチ! 」山崎拓巳

山崎拓巳 本

 

山崎拓巳の「やる気のスイッチ! 」はとても良い本です。

 

自分は特に10代はもうやる気がいつもゼロ状態だったので、

もうダメもとでこの本を買ってみました。

 

そしたら、けっこう良いことが書いてあって、

「買って良かった!」と思いました。w

 

特にホメオスタシスについては大事な知恵です。

 

人間は常に「現在の自分」を保とうとしています。

なので変化は必ず少しずつが鉄則です。

 

自分は10代はもういつも「無理」をしていたので、

結局すぐに元の悪い状態に戻ることを繰り返していました。

 

もうそれはダメだと経験から学び、

20歳からは少しずつの変化を意識しました。

 

そしたら成長できるようになりました。

 

最初は成長スピードが遅かったですが、

少しずつ加速するようになりました。

Y=X自乗の法則ですね。

 

この本は「なんかいつも無気力状態」の人におすすめです。

 

「3秒でハッピーになる 名言セラピー」ひすい こたろう

ひすい こたろう 名言

 

ひすい こたろうの「3秒でハッピーになる 名言セラピー」

はもう良い名言がたくさん詰まっています。

 

落ち込んでいる時にこの本を読むと、

本当に勇気をもらいます。

 

ひすい こたろうは何冊か名言系の本を出版しているので、

気になるのを選んで読んでみてください!

 

「7つの習慣」スティーブン・R. コヴィー 

スティーブン・R. コヴィー

 

一番最初に読んだ自己啓発本が

スティーブン・R. コヴィーの「7つの習慣」です。

 

20歳の時でした。

 

もう衝撃的でした。

 

実はこの本は最後まで読んでないんですよね。

まだ前半しか読んでいません。

 

なぜかというと、後半は「委任」についてです。

自分はまだ部下などがいないので、

今読んでも。。。

 

もちろんいずれはちゃんと勉強します。

さすがに自分一人だけでは限界があるので、

適切に委任できることはいずれは重要になってきます。

 

これから自己啓発を始める人、

「7つの習慣」は本当におすすめです。

 

いろんな「版」があるので、

自分に合いそうなのを選んでください。

 

「知っているようで知らない 法則のトリセツ」水野俊哉

水野俊哉

 

水野俊哉の「知っているようで知らない 法則のトリセツ」

はいわば「法則のまとめ本」です。

 

いろんな法則について知ることができます。

 

なので気になるのがあれば、

ネットや別の本で探せるので便利です。

 

この本だけでも充分な説明があります。

 

自己啓発本おすすめ:クリエイティビティ系

ここでは「クリエイティブ系」の本をまとめています。

 

「自分にはクリエイティビティが無い!無理!」

と諦めている人は非常に多いです。

 

そして本当にもったいない!!!

 

人間は誰でもクリエイティビティがあります!

自分にも少しはあるんだから、誰にでもあります。w

 

自分は10代はもう本当にクリエイティビティの欠けらも

ありませんでした。

 

クリエイティブ系のプロジェクトでは

いつもドベでした。

 

でも、

20歳を超えてから少しずつクリエイティビティを育むようになり、

「なんだ、そんなに難しくないじゃん!」と思えるようになりました。

 

クリエイティビティは本当にそんなに難しいことではないです。

自分の情熱と好きなことに集中していれば、

自然と何か面白いものが出来上がります

 

逆につまらない学校で勉強を続ける方がよっぽど難しいです。。。

 

「スパークする思考 右脳発想の独創力」内田和成

内田和成

 

内田和成の「スパークする思考 右脳発想の独創力」

は素晴らしい本です!!!

 

いや、

別にこの本に書かれていることは

そんなに難しいことではないです。

 

買う前は「クリエイティビティについてだから、

なんかすごい複雑な法則とかを実践しないといけないのかな。。。」

と不安でしたが、杞憂でした。w

 

多くの人はアイデアを「整理」しようとします。

ここが落とし穴です。

 

人間の脳はそうできてないです。

我々はロボットではないです。

 

なので脳の中でアイデアがいろいろ

「泳いでて」オッケーです。

無理に整理しなくてもいいです。

 

何かすごい気になるものがあれば、

頭の中で「レ点」を作ります。

少し意識すればいいだけです。

 

そしてあとで、いろいろ結合すると

何かが「スパーク」します。

それがクリエイティビティの本来の姿です。

 

なので、適当でいいです。www

いや、むしろ適当にしないと。

 

すごいアーティストなどはそんな急に

良いアイデアは作れません。

 

常に頭の中でレ点を作っているから、

いざという時に面白いものが作れるんです

 

ただそれだけのことです。

別に才能とかほぼ関係ないです。

 

「良いアイデアがない!!!」と悩んでいる人は

絶対にこの本を読んだ方がいい。

 

自己啓発本おすすめ:脳系

ここでは脳関連の本をまとめています。

 

我々人間を動かしているのは脳です。

 

脳を上手く「コントロール」できることは超重要です。

 

逆に脳を上手く活用できない人は

人生ではかなり苦労します。。。

 

「フリーズする脳 思考が止まる、言葉に詰まる」築山節

フリーズする脳

 

築山節 の「フリーズする脳 思考が止まる、言葉に詰まる」

はどちらかというと年寄りを

ターゲットにした本です。

 

年をとると、脳の機能はどうしても劣化してしまいます。

 

ただ、それは年齢よりも「生活習慣」の方が影響が大きいです。

 

特に最近では人間の「生き方」が急激に変わっているので、

いろいろ気をつけないといけません。

 

「脳と気持ちの整理術 意欲・実行・解決力を高める」築山節

築山節

 

築山節の「脳と気持ちの整理術 意欲・実行・解決力を高める」

はとても良い本です。

 

「なんかいろいろゴチャゴチャしてるな。。。」

と悩んでいる方におすすめです。

 

「なかなか実行に移せない・行動力が低い」などの悩み

を持ってる人も読んで損はないです。

 

どんな問題でも、なんらかの「原因」があります。

その原因が分かれば、

あとは適切な対策を打てばいいだけのことです。

 

「二重洗脳―依存症の謎を解く」磯村毅

磯村毅

 

磯村毅の「二重洗脳―依存症の謎を解く」はとても良い本です。

 

なんらかの依存症で本気で悩んでいる人は読んだ方がいいです。

 

要は「考え方・物事の見方」が変われば、

依存症は自然と治りやすいです。

 

なのでこの本を読むだけでも、

意識が変わるので、行動も自然と改善されます。

依存症が治りやすい脳になります。

 

半信半疑になる人は多いでしょう。

 

でもこの本を実際に読んでみれば、

「あ、そういうことか。読んで良かった!」となります。

もちろん、この本を読むだけで完治はしませんよ。

 

でも、それだけ意識と行動は密接な関係にあるんです。

 

そして意識を変えるには「正しい知識」を

身につけるしかないんです。

 

「脳は奇跡を起こす」ノーマン・ドイジ

脳は奇跡を起こす

 

ノーマン・ドイジの「脳は奇跡を起こす」は本当に

勇気をもらう本です。

 

多くの障害者が自身の障害を乗り越える

感動ストーリーがたくさん読めます。

 

彼らに比べたら、

自分の「逆境」なんて大したことないという

ことに気づきます。

 

これはまた復習しないとな。

 

自己啓発本おすすめ:美容系・健康系

ここでは美容・健康関連の本をまとめています。

 

「美容と健康は自己啓発と関係あるの?」

と疑問に感じる人がいるかもしれません。

 

でも、超重要です。

 

健康でなければ、最高の成果を出すことはできません。

当たり前なことなんですが、忘れがちです。

 

本当に健康のありがたみをすぐに忘れてしまうんですよね。。。

大抵、病気はすぐには起きません。

 

長い年月の悪い習慣が蓄積して、

病気が発症します。

 

なので日々の小さな努力が本当に大事なんです。

「大丈夫そう」だからと言って、

実際に体の中では大丈夫とは限りません。

 

「よく噛んで食べる―忘れられた究極の健康法」齋藤滋

齋藤滋

 

齋藤滋の「よく噛んで食べる―忘れられた究極の健康法」は

ダイエットで悩んでいる人におすすめです。

 

「なぜよく噛むことで体重が減りやすいんだ?」

と疑問に感じてしまう人が多いですが、

本当に密接な関係にあります。

 

いろいろ理由があるので、

詳しくは本で。

 

ただ、とにかく痩せて健康的な体になりたいなら、

できるだけたくさん噛むこと!!!

まずはできる範囲内で始めてください。

 

「食品別糖質量ハンドブック」江部康二

食品別糖質量ハンドブック

 

江部康二の

「食品別糖質量ハンドブック」はとても良い参考です。

 

糖質制限やダイエットに興味がある人は

購入して損はないです。

 

いろんな食品の糖質量が細かく書かれてます。

 

ちなみに自分は2012年版を購入しています。

2016年に新版が出ています。

 

「食欲の科学」櫻井武

食欲の科学

 

櫻井武の「食欲の科学」は有益な本です。

 

ただ、ちょっと難しいです。。。

 

かなり科学的な用語が多く、

よっぽどの理系でない限り、完全に理解するのは。。。

 

ただ、大体分かれば、

今後の自分の食のあり方の参考になります。

 

特に本の最後の方に著者が読者の質問に答えているので、

その部分は分かりやすいです。

そして良い参考になります。

 

「一生太らない体をつくる 噛むだけダイエット 」渡辺信幸

渡辺信幸

 

渡辺信幸の

「一生太らない体をつくる 噛むだけダイエット」

は良い本です。

 

「噛むだけ?なんか怪しそう。。。」

と思ってしまうのは無理ないです。w

 

ただ、むしろシンプルだからこそ、

実践しやすく、続きやすいです。

 

実践するのは2つだけのことです。

「一口、30回以上噛む。そして毎朝、体重計に乗る。」

 

それだけです。

 

それが本の序文に書かれており、

残りはいろいろ細かいことが書かれているだけです。

 

著者も序文で

「この2つが分かればもうあとは読まなくていいです」

的なことを言っています。w

 

ダイエットで苦しんでいる人のほとんどは

あまり噛んでいないので、

急に一口30回はハードルが高いです。

 

なので、まずはできることから始めるのをオススメします。

 

例えば最初は10回。それすらできないなら5回。

そこから少しずつ回数を増やしていけばいいです。

 

「空腹力」石原結實

空腹力

 

石原結實の「空腹力」はとても参考になる本です。

 

ただ、今の自分は真逆のことをしていますけどね。w

 

この本では午前中は何も食べないで、

仕事が終わってから食べるのがベストだと言っています。

 

なぜかというと、人間の長い歴史の中では

そういうライフスタイルだったからです。

 

午前中はずっと狩りをして、

そのあとに食べていました。

 

でも自分は午前中に肉などを多めに食べちゃっています。w

その方が自分の体質に合うというか。。。

 

最終的には自分の体質に合う方法を

見つけることが一番大事です。

 

でもこの本ではいろいろ参考になることが書かれているので、

「空腹」に関して興味がある人にはおすすめです。

 

「痩せるNo.1理論 実践!脳から始めるダイエット成功法則」西田一見

西田一見

 

西田一見の

「痩せるNo.1理論 実践!脳から始めるダイエット成功法則」

はダイエットが上手く行ってない人におすすめです。

 

自分は太ってはいなかったですが、

余計な脂肪で悩んでいました。

体重のわりには体脂肪率が多かった(男性にしては)。

 

この本はいろいろ参考になりました。

 

特に「イメージ」と「好き・嫌い」は大事なキーワードです。

 

これはダイエット関連では本当に良い本です。

 

自己啓発本おすすめ:掃除系・整理系

自己啓発で掃除は重要なテーマです。

 

多くの自己啓発本で共通しているのは、

「掃除をした方が良い!」と強調しているところです。

 

ただ、

最近では

掃除しなくてもいいと言っている人もいなくはないです。w

 

最終的にはその人の価値観によりますが、

掃除ができるならば、なるべく習慣化した方がいいです。

 

「ドイツ流 掃除の賢人―世界一きれい好きな国に学ぶ」沖幸子

沖幸子

 

沖幸子の

「ドイツ流 掃除の賢人―世界一きれい好きな国に学ぶ」

はドイツと掃除に興味がある方におすすめです。w

 

自分はドイツに興味があるので買いました。w

 

掃除はあまり好きではないんですが、

ちゃんとできるようになりたいので。。。

 

未だにあまりちゃんとできていません。。。

 

まだまだですね。。。

 

けっこう具体的な掃除方法が提示されているので、

かなり参考になります。

 

「もう片づけで疲れない収納法―生活ミニ手帖」飯田久恵

飯田久恵

 

飯田久恵の「もう片づけで疲れない収納法―生活ミニ手帖」

は整理で悩んでいる人におすすめです。

 

タイトルでも分かるように、

「収納法」がメイントピックなので、

いろいろコツが書かれています。

 

とにかく収納が苦手の人におすすめです。

 

自己啓発本おすすめ:勉強系

ここでは勉強関連の本をまとめています。

 

勉強はもう超重要です。

 

むしろ大人になってから、意識的に勉強することが

本当に大事です。特に今の変化が激しい時代では。

 

効率が良い勉強方法を知ってると、

そこまで無理しなくても成長することができます。

 

「人の10倍仕事をやり抜くメンタルトレーニング 」内海英博

内海英博

 

内海英博の

「人の10倍仕事をやり抜くメンタルトレーニング」

はけっこう凄い本です。

 

内海英博は日米の超難関資格を4つも取得しており、

とにかく凄いです。

 

そして勉強法や考え方を伝授してくれています。

 

特に難関の資格を取得したい人にはおすすめの本です。

 

『図解 超高速勉強法―「速さ」は「努力」にまさる!』椋木修三

超高速勉強法

 

椋木修三の「超高速勉強法」はとても良い本です。

 

「どんなに勉強してもなかなか成長してる気がしない。。。」

という悩みを抱えている人におすすめです。

 

効率良く勉強するためのいろんなアドバイスが載っており、

非常に参考になりました。

 

勉強系ではかなりおすすめの本です。

 

「日米資格4冠王の超スピード学習法」内海英博

内海英博

 

内海英博の「日米資格4冠王の超スピード学習法」は

「スピード」に焦点を当てた本です。

 

資格を取得する人で「時間が無い!」という人におすすめです。

 

効率良く勉強すれば、少ない時間でも合格することは可能です。

 

むしろどんなに時間があっても、

ダラダラやってたら逆効果です。。。

 

「最新脳科学が教える 高校生の勉強法」池谷裕二

池谷裕二 本

 

池谷裕二の「最新脳科学が教える 高校生の勉強法」は

勉強が全然ダメの人にはもう最高の本です。

 

特に高校生で成績が伸びない人は必見です。

 

でも大人にも超おすすめです。

 

この本、

自分が高校生の時にあったらどれほど助かったか。。。

 

自己啓発本おすすめ:ビジネス系

ここでは自己啓発では王道の「ビジネス系」をまとめています。

 

特にビジネスマンにおすすめですが、

本に含まれている知恵は誰でも応用できます。

 

「ビジネスマンのための「発見力」養成講座」小宮一慶

小宮一慶 発見力

 

小宮一慶の

ビジネスマンのための「発見力」養成講座」は良著です。

 

アイデアの発想力を高めたい方におすすめです。

 

斬新なアイデアのためには、

「発見力」のスキルは必要不可欠です。

 

周りの細かいところをちゃんと見えてないと、

良いアイデアを見逃してしまいます。

 

「良いアイデアが浮かばないのが大きな悩み!」

という人におすすめの本です。

 

「戦わない経営」浜口隆則

戦わない経営

 

浜口隆則の「戦わない経営」は良著です。

 

もう簡単に要約すると、

「まだ誰も手をつけていないところから始める」ことです。

 

非常にシンプルです。

本の内容はとても簡潔です。

 

でも多くの人が見逃しがちなんですよね。

 

どうしても今までにある凄いものを見て、

それを真似ようとする。

 

でもそれでは勝つことができない。

 

「まだ誰も手をつけていない分野」で勝負すれば、

先行者優位を獲得でき、

自然と勝てます。

 

本当にシンプルですが、非常に有効な手段です。

 

自己啓発本おすすめ:数字系

ここでは数字となんらかの関連の本をまとめています。

 

例えば統計を読み解く力があれば、

未来を予測し、先を行くことができます。

 

数字に強いと、現代の社会ではとても有利になれます。

 

『不透明な時代を見抜く「統計思考力」』神永正博

神永正博

 

神永正博の『不透明な時代を見抜く「統計思考力」』は

数字好きにおすすめの本です。

 

自分はちょっと数字が苦手なので、

これは最後まで読めていません。。。

 

でも統計力があれば、

これからの時代の動きを読めるようになるの有利になれます。

 

ただ、一つ注意点として、

あまり未来のことばかり考えない方がいいです。

結局、未来はどうなるか誰にも分かりません。

 

それよりも、

「一歩先」を常に考えることが一番大事です。

 

「経済ってそういうことだったのか会議」佐藤雅彦、竹中平蔵

経済ってそういうこと

 

佐藤雅彦と竹中平蔵の「経済ってそういうことだったのか会議」

はとても分かりやすい本です。

 

経済が苦手だけど、

少しでもちゃんと理解できるようになりたい人におすすめです。

 

対話式なので、専門書などよりは内容が全然分かりやすいです。

 

この本だけで経済の専門家になるのは無理ですが、w

素人が理解度を深めるためには素晴らしい本です。

 

「ビジネスマンのための「数字力」養成講座」小宮一慶

ビジネスマンのための数字力

 

小宮一慶の『ビジネスマンのための「数字力」養成講座』は

数字に関心がある人におすすめです。

 

世の中にはいろんな「数字」がありますが、

数字を読む能力がつくと、

騙されないで済みます。

 

表の数字だけを見ていたら、

いろんなことを見逃してしまいます。

 

もっと「奥の部分」を見る意識をする必要があります。

 

「確率的発想法~数学を日常に活かす」小島寛之

確率的発想法

 

小島寛之 の「確率的発想法~数学を日常に活かす」

タイトルだけでも面白そうですよね。

 

少し難しめの本なので、

最後まで読めていません、すみません。

 

でも数字に強く、

日常で上手く利用できるようになりたい人におすすめです。

 

『数学嫌いでも「数学的思考力」が飛躍的に身に付く本!』細野真宏

細野真宏 数学的思考力

 

細野真宏の『数学嫌いでも「数学的思考力」が飛躍的に身に付く本!』

はどんな人にもおすすめです。

 

数学が苦手の人は多いので、

この本が売れているのは不思議ではないです。w

 

正直、数学とかほとんど関係ないです。w

 

それよりも「本質」の重要性について気付かされます。

 

本当に数学とか関係なく、

知恵を身につけたい方は読んでみてください。

後悔はしません。

 

「運は数学にまかせなさい――確率・統計に学ぶ処世術」ジェフリー S.ローゼンタール

運は数学にまかせなさい

 

ジェフリー S.ローゼンタールの

「運は数学にまかせなさい――確率・統計に学ぶ処世術」

は面白い本です。

 

確率と統計を学べば、

この世の中を効率よく生きることができます。

 

ただ、ほとんどの人はこういう数字系に苦手意識があります。

 

でもこの本は非常に読みやすいです。

本当に面白い。

 

いろんな「ストーリー」が例としてとりあげられており、

分かりやすいです。

 

そしてユーモアが良い。w

 

自己啓発本おすすめ:ネット関連

これらの本をこの記事に含めるかどうか迷いましたが。。。

 

ただもう誰でもインターネットを使うようになったので、

ネット関連の本も大事です。

 

ブロガーでなくても、

ネットの性質について少しは勉強した方がいいです。。。

 

「SEO対策のための Webライティング実践講座」鈴木良治

鈴木良治

 

鈴木良治の

「SEO対策のための Webライティング実践講座」

は良い本です。

 

ブロガーやネットでの

フリーライターなら勉強する価値はあります。

 

ただ、2015年に出版された本なので、

ちょっと古いです。。。

 

このネットの世界では、

もう1年以上前のものは「古い」ですからね。。。

 

でも根本は同じなので、良い参考にはなります。

 

「頼られるWeb担当者になる! Googleウェブマスターツールの教科書」大本あかね・菊池崇

菊池崇 大本あかね

 

大本あかね・菊池崇の

「頼られるWeb担当者になる! Googleウェブマスターツールの教科書」

はとても参考になる本です。

 

特にブログで検索エンジンからの流入に力を入れている人

には役に立つ本です。

 

ただ2015年版の本なので、

情報は若干古いです。。。

 

『YouTubeで食べていく~「動画投稿」という生き方~』愛場 大介 (ジェット☆ダイスケ)

愛場大介

 

愛場 大介 (ジェット☆ダイスケ)の

『YouTubeで食べていく~「動画投稿」という生き方~ 』

は参考になる本です。

 

自分はYouTuberではないですが、

ブロガーにとっても参考になります。

 

ネットで生きていく上で、

参考になる情報がけっこうあります。

 

もちろんYouTuberを本気で目指す人に

一番おすすめですが。。。

 

ネットでなんらかのメディアを

持っている人は読んだ方がいいです。

 

『本気で稼ぐための「アフィリエイト」の真実とノウハウ』あびる やすみつ

あびる やすみつ

 

あびる やすみつの

『本気で稼ぐための「アフィリエイト」の真実とノウハウ』

は信頼できる本です。

 

アフィリエイト関連では怪しいのがなくはないんですが。。。

 

でもこの本は良質です。

 

これを読めばすぐに稼げるようにはなりません。

ただ、大きな失敗をしないで済みます。

 

アフィリエイトだけでなく、

なんらかのネットビジネスを始める方におすすめです。

 

「できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応 」木田和廣

木田和廣

 

木田和廣の「できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応 」

は参考になる本です。

 

ブログを運営する以上、アクセス解析は重要です。

 

ただこの本は2015年版なので、少し古いです。。。

 

「ブログ飯 個性を収入に変える生き方」染谷昌利

ブログ飯

 

染谷昌利の「ブログ飯 個性を収入に変える生き方」

は多くのブロガーが読んでいる本です。

 

ブログではとにかく「個性」が重要です。

 

みんなと同じことをしていてもブログで稼ぐことはできません。

 

これからブログで食べていきたいという人にはオススメの一冊です。

 

「武器としての書く技術」イケダハヤトさん

武器としての書く技術

 

イケダハヤトさんの「武器としての書く技術」

はとても良い本です。

 

少し古いですが、

それでもたくさん良いことが書かれています。

今でも参考になります。

 

これからブログで稼ぎたい方は

絶対に目を通した方がいいです。

 

自己啓発本おすすめ:不安系

「不安系」

とは例えばビジネスでのプレゼンでいつもアガってしまう

人たちのための本です。

 

どうしても緊張しすぎて、

上手くパフォーマンスできない人はいます。

 

こういう恐怖症を克服できないと、

いざという時に力を発揮することができません。

 

不安症を治す―対人不安・パフォーマンス恐怖にもう苦しまない」大野裕

大野裕 本

 

大野裕の

不安症を治す―対人不安・パフォーマンス恐怖にもう苦しまない」

は「社会不安症」というのをメインテーマに取りあげています。

 

社会不安症とは社会全般に対して苦手意識があり、

上手く適合できないことです。

 

意外と多くの人がこの不安症で苦しんでいます。

 

対人関係、コミュニケーション力、過度の不安などで

悩んでいる人におすすめの本です。

 

自己啓発本おすすめ:お金系

ここではお金持ちになる方法を教えてくれている本を

まとめています。

 

もちろんこれらの本を読むだけで

お金持ちになれるわけではないですが、

知恵はすごいです。

 

ちゃんと実践し、途中で諦めなければ

どんな凡人でもお金持ちになることは全然可能です。

 

アンドリュー・カーネギーのビリオネア養成講座(CD付)」ナポレオン・ヒル

ビリオネア養成講座

 

ナポレオン・ヒルの

アンドリュー・カーネギーのビリオネア養成講座」

はお金持ちになりたい人みんなにおすすめです。

 

ただ、

ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」を先に読むこと

をオススメしますが。。。

 

でもこっちの本を先に読んでも大丈夫です。

 

とても良いことが書かれています。

 

自分はCDをメインに聞きました。

とても勉強になります。

 

「イヌが教えるお金持ちになるための知恵」ボード・シェーファー

ボード・シェーファー

 

ボード・シェーファーの

「イヌが教えるお金持ちになるための知恵」

はとても良い本です。

 

お金について、非常にわかりやすく説明してくれています。

 

親で、子供にお金のことを教えたい人に特におすすめです。

 

でもファイナンスについてちょっと苦手意識がある方は

この本を読むべきです。

 

理解が深まります。

 

楽しくお金を稼げる方法のヒントになります。

 

「ひとり暮らしの賢い節約BOOK」主婦と生活社

主婦と生活社

 

主婦と生活社の「ひとり暮らしの賢い節約BOOK」

はこれから一人暮らしを始める人におすすめです。

 

一人暮らしでは節約が大事ですからね。。。

 

ただ、

自分みたいなダメ人間の場合はちょっと落ち込みます。w

 

どういうことかと言うと、

節約の具体的な金額のグラフがけっこうあります。

 

そしてみんな、ちゃんと節約をしています。

 

自分みたいに浪費癖がある人は。。。w

はい、比較してしまって、落ち込みます。。。

 

でも逆に、

「節約しないと!」とモチベーションが上がります。

 

『人にはちょっと教えたくない「儲け」のネタ帳』岩波貴士

岩波貴士

 

岩波貴士の『人にはちょっと教えたくない「儲け」のネタ帳』

で超お金持ちになるのは難しいですが。。。

 

タイトル通り、

ちょっと収入をアップさせるヒントがいろいろ載っています。

 

良い参考です。

 

『お金が貯まる人の「家計簿」』泉正人

お金が貯まる人の家計簿

 

泉正人の「お金が貯まる人の家計簿」

はお金がなかなか貯まらない人のためです。

 

「家計簿が続かない!」

という悩みを抱えている人におすすめです。

 

ちょっとだけ考え方を変えると、

家計簿はそんなに難しいものではないことに気づきます。

 

苦手意識が無くなれば、続きやすく、

お金の管理が良くなります。

 

「貯金のできる人できない人~無理なく貯金体質になる方法~」小山信康

小山信康

 

小山信康の

「貯金のできる人できない人~無理なく貯金体質になる方法~」

とにかく貯金ができない人におすすめです。

 

貯金ができないのは「考え方がズレている」ことが多いからです。

 

考え方を改めれば、行動は自然と良い方向に変わります。

 

「90日間 貯金生活実践ノート」横山光昭

横山光昭 貯金

 

横山光昭の「90日間 貯金生活実践ノート」

はタイトル通り、実践的な本です。

 

多くの貯金系の本はいろいろ良いアドバイスが載っていますが、

実践になかなか移せない人が多いです。

 

でもこの本はすぐに実践に移せるように、

シンプルなノートブックの形態になっています。

 

他のいろんな貯金系の本では上手く行かなかった

人におすすめです。

 

「思考は現実化する_アクション・マニュアルつき」ナポレオン・ヒル

ナポレオン・ヒル 思考は現実化する

 

ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」は超有名な自己啓発本。

誰でも一度はタイトルを聞いたことがあるでしょう。

 

この本は本当に凄いです。

 

ただ、

自己啓発の初心者にはあまりおすすめしません。。。

 

なぜかというと、なんだかんだ言って、

レベルが高いです。。。

 

急にこれを読んでも

「ん?ピンとこない」で終わってしまいます。

 

なのでまずは「7つの習慣」や

「TQ-心の安らぎを得る究極のタイムマネジメント」

など初心者用の自己啓発本を読むことをおすすめします。

 

あまり関係ないですが、「ザ・シークレット」は

どうなんでしょうね。。。w

 

自己啓発本おすすめ:運動系

自己啓発で運動は超重要です。

 

我々人間は長い歴史の中、ずっと動いてきました。

 

今のようにパソコンの前で長時間、

座るような生活を送り始めたのは

つい最近のことです。

 

そして人間の

DNAはこの新しいライフスタイルについていけてないです。

 

仕事で高いパフォーマンスを保ちたいのであれば、

運動は本当に大事です。少しでもやりましょう。

 

「金哲彦のランニング・メソッド」金哲彦

金哲彦 ランニング

 

金哲彦の「金哲彦のランニング・メソッド」は

これから本格的にランニングをしたい人におすすめです。

 

いろんな運動の中で、

ランニングが一番気軽に始められるタイプです。

 

そしてランニングのフォームを間違えてしまうと、

効率が悪いだけでなく、怪我する恐れもあります。

 

この本ではとてもシンプルな方法を教えています。

 

別に運動のベテランでなくても大丈夫です。

少しでもランニングに興味がある人におすすめです。

 

自己啓発本おすすめ:不思議系

ここでは宇宙の「不思議」な事柄についての本を

まとめています。

 

例えば「なぜ人間は存在するのか〜」的なこと。

 

日常生活に直接関係はないかもしれませんが、

これらの理解が深まると、

「違う視点」が持ちやすくなります。

 

そして違う視点が持てる人間は

他人と差別化しやすいです。

 

差別化しやすい人は希少な存在になるので、

成功しやすいです。

 

「感情」ディラン・エヴァンズ

感情 本

 

ディラン・エヴァンズの「感情」は興味深い本です。

 

言語と文化がどんなに違っても、

人間は表情で理解し合うことが可能だと書かれています。

 

それだけ感情というのは

「どんな人間にも共通する特徴」なのです。

 

この本は最後まで読んでいないんですが、

人間の感情について疑問を抱いている方にはおすすめです。

 

人間の根本的な特徴を理解できれば、

他人とのコミュニケーションが

もう少しスムーズに行く可能性が高まります。

 

「ヒトはどうして死ぬのか―死の遺伝子の謎」田沼靖一

田沼靖一

 

田沼靖一の「ヒトはどうして死ぬのか―死の遺伝子の謎」

は深い本です。。。

 

ただ最後までは読んでないかも、すみません。。。

 

人間が死ぬのは当たり前とされていますが、

本当の「なぜ」がはっきりしていません。

 

たぶん永遠の謎でしょうね。。。

 

死に少しでも興味がある人には良著です。

 

「意識 」スーザン・ブラックモア

スーザン・ブラックモア

 

スーザン・ブラックモアの「意識」は本当に不思議な本です。

 

すごい考えさせられます。

 

「今、自分が考えていることは意識?。。。なのか?」

などいろいろ深いことを考えて、

ちょっとノイローゼ気味になります。www

 

でも脳の不思議について考えたい人にはおすすめです。

 

「孤独のチカラ」齋藤孝

孤独のチカラ

 

齋藤孝の「孤独のチカラ」は良い本です。

 

ほとんどの人は毎日、いろんな人と関わって生きています。

 

ただ、そういうライフスタイルだと、

どうしても「流されてしまいます」。

 

人間はそんなに賢くないです。

 

周りの意見に非常に流されやすいです。

 

なので「一人の時間」を持つことが重要です。

もしあとで後悔したくないなら。。。

 

孤独の重要性についてもっと知りたい人には、

この本がおすすめです。

 

「老化はなぜ進むのか―遺伝子レベルで解明された巧妙なメカニズム 」近藤祥司

近藤祥司

 

近藤祥司の

「老化はなぜ進むのか―遺伝子レベルで解明された巧妙なメカニズム 」

は面白い本です。

 

これを読めば「老化を止めることができる!」

ってわけではないんですが。。。

 

ただ老化のメカニズムを知って損はないです。。。

 

自己啓発本おすすめ:防災系

防災関連の本を不思議系に含めようか迷いましたが、

防災はとても大事なテーマなので

一つのカテゴリーを作っちゃいました。

 

特に日本では災害に備えることが本当に大事なので。。。

危機意識なさすぎ←自分

 

といっても、

自分は防災の準備は全然できていないんですけどね。。。

本当に早くやらないと。。。マジで。。。

 

「人は皆「自分だけは死なない」と思っている -防災オンチの日本人-」山村武彦

山村武彦

 

山村武彦の

「人は皆「自分だけは死なない」と思っている -防災オンチの日本人-」

は良い本です。

 

ほとんどの防災関連の本は

「ちゃんと防災グッズを準備しましょう」

と書いてありますが、この本は違います。

 

この本で強調しているのは

「自分の五感をフルに活用して、

適切な状況判断をする」ことです。

 

災害は別の言い方をすると「希少な現象」です。

ほとんどの人は災害を実際に経験したことがないです。

 

なのでその状況になると、

ほとんどの人は適切な行動が取れないんです。

 

だから「なんかヤバくない?」という状況になったら、

疑うことが大事です。

 

災害が起きると、ほとんどの人は

ただ呆然とします。

 

誰かが動き出さない限り、

どんなにヤバイ状況でも誰も動きません。

ほとんどの人はただ指示を待つだけです。

 

災害時では、

最終的には自分の頭で判断することが超重要です!

 

自己啓発本おすすめ:睡眠系

自己啓発では良い睡眠をとることはとても重要です。

 

成功している人のほとんどはちゃんと寝ています。

 

「寝る間を惜しんで〜」という考えはもう古いです。

効率が悪い。

 

これからの時代はしっかり睡眠をとり、

毎日を本気で頑張ることが

長期的に効率良く成長できる秘訣です。

 

「快適睡眠のすすめ」堀忠雄

堀忠雄

 

堀忠雄の「快適睡眠のすすめ」は

睡眠で悩みを抱えている方のためです。

 

多くの人は不眠症が悩みみたいですが、

自分は逆です。

 

もう永遠に寝てしまいます。。。

もう本当に起きない。。。

 

でもどんな睡眠の悩みを持っている人でも

良いヒントがいろいろ載っています。

 

『「朝がつらい」がなくなる本―ぐっすり眠る、すっきり起きる習慣術。』梶村尚史

梶村尚史

 

梶村尚史の

『「朝がつらい」がなくなる本―ぐっすり眠る、すっきり起きる習慣術。』

はとにかく、朝が苦手の人のためです。w

 

自分はもう朝がつらいというレベルではないです。。。

本当に起きれない。。。

 

この本にも睡眠でなんらかの悩みを抱えている人に

ヒントがいろいろ載っています。

 

これで毎朝、

完璧に楽に起きれるようになるというわけではないですが、

良い参考にはなります。

 

「4時間半熟睡法」遠藤拓郎

4時間半熟睡法

 

遠藤拓郎の「4時間半熟睡法」はそれなりに参考になる本です。

 

ただ実践できるかと言うと、話は別です。

 

自分はどうしても長時間、寝てしまう時があるので、

あまり実践できていません。w

 

ただ、もともと睡眠時間がそんなに多くない方は

試してみて損はないです。

 

睡眠に関していろいろ良い知識が載っています。

 

自己啓発本おすすめ:言語系

ここでは主に日本語関連の本を掲載しています。

 

コミュニケーション力でもなんでも、

日本語力が低かったら話になりません。

 

別の言い方をすれば「国語力」。

 

「日本人のための日本語文法入門」原沢伊都夫

原沢伊都夫

 

原沢伊都夫の

「日本人のための日本語文法入門」

という本のタイトルはインパクトがありますよね。

 

でも意外と

「普通の日本人」の日本語はけっこう雑なんですよね。w

 

日本語を勉強している外国人の方が文法が正しい場合

がけっこう多いんですよね。

 

この本は、

「普通の日本人」で日本語で恥ずかしい思いをしたくない

人のためです。

 

ごめんなさい、この本も最後まで読んでないです。。。

勉強しないと。

 

「外国語上達法 (岩波新書 黄版 329) 」千野栄一

千野栄一

 

千野栄一の

「外国語上達法 (岩波新書 黄版 329)」はどの外国語を

学びたい人にもおすすめです。

 

外国語を最短で上達させるための「根本的」な方法を

教えてくれています。

 

自分はドイツ語が学びたいので、

この本を購入しました(まだ実践できていません。。。)

 

方法は非常にシンプルなんですよね。

要は、まずはたくさん単語を覚える。最低でも千。

次に文法を学んで、覚えた単語を組み合わせる。

 

そしてその学びたい外国語のいろんな書物を読んで慣れる。

もちろんその国に行って実際に現地の人と話すのが一番。

 

あと、発音は最初が肝心なので、

特に気をつけること。

 

外国語をガムシャラに学ぶ前に、

まずはこの本で「根本」を学ぶことを強くオススメします。

 

自己啓発本おすすめ:マーケティング系

どんなビジネスでも、

マーケティングを上手く

利用できないと成功させるのは難しいです。

 

ここではマーケティング関連で

おすすめの本を掲載しています。

 

「口コミ伝染病―お客がお客を連れてくる実践プログラム」神田昌典

神田昌典 口コミ

 

神田昌典の

「口コミ伝染病―お客がお客を連れてくる実践プログラム」

はとても良いマーケティング本です。

 

ただ、正直に言うと最後まで読んでません。すみません。

 

自分はもう口コミのパワーを経験しているので、

もうタイトルだけで満足してしまっている部分があります。w

 

ただマーケティングで口コミは超重要です。

特に今のネットが普及している時代では。

 

上手く活用できれば、もうとんでもないことになれます。。。

 

『「感性」のマーケティング 心と行動を読み解き、顧客をつかむ 』小阪裕司

感性のマーケティング

 

小阪裕司の

『「感性」のマーケティング 心と行動を読み解き、顧客をつかむ 』

は良いマーケティングの本です。

 

通常のマーケティングの本とは

ちょっと違った視点から語っています。

 

もう基礎的なマーケティング本は読んでおり、

新しい視点が欲しい人におすすめです。

 

「関心力」井上富紀子

井上富紀子

 

井上富紀子の「関心力」は良著です。

 

どの分類に入れるか迷いましたが、

「お客さま目線」についてなので、

このマーケティングの分類に入れました。

 

でもこれは普通の対人関係でも応用できます。

 

人間は誰でも「認められたい!」という強い欲求を持っています。

そして一日中、自分のことを考えています。w

 

なので相手へ誠実な関心を持てば、

良好な関係を築くことができます。

 

もちろんバランスが大事ですが。w

 

でも少なくとも、自分の話ばかりする人よりは

好かれます。。。

 

補足:自己啓発本が好きなら小説もおすすめ

自己啓発本が好きな人は活字が好きです。

 

要するに小説も好きな人が多いです。

自分も小説が大好きです。

 

下記の記事で何か面白い小説が見つかるかもしれません。

関連記事:

小説の超まとめ100選:コミュ障のおすすめ

 

自己啓発本おすすめのまとめ(主に20代向け)

特に大事なこと

この記事ではいろんな自己啓発本を紹介しました。

 

そして矛盾してしまいますが、

自己啓発本に頼りすぎない方がいいです。

 

もちろん本で勉強することは大事です。

 

ただ、

「自己啓発中毒」にハマってしまう人が非常に多いです。

 

どういうことかと言うと、

自己啓発を読んで得ることができる

「ハイ」で満足してしまいます。

 

あれがクセになってしまいます。

 

そして知恵を実際に行動に移す人が少ないんです。

 

逆に成功している人で、あまり本を読まない人は多いです。

彼らは「行動」に力を入れているからです。

 

自分らの失敗から学び、改善を続けています。

それで結果的に成功しています。

 

逆にものすごく自己啓発本を読んでいるのに、

成功できていない人も多いです。

 

彼らは「本を読むこと」が目的になってしまっているので、

あまり行動しません。

 

結果的に

「ただたくさん自己啓発本を読んだ凡人」で終わってしまいます。

 

これ、非常に重要なことなので、

覚えておいてください

 

自分への戒めでもあります。w

 

最近の自分はあまり本を読んでないです。

もうずっとインプットしてきたので、

最近はアウトプットがかなり多いです。。。

 

とにかくたくさんの自己啓発本を読みたい場合。。。

Kindle Unlimited がおすすめです!

 

もう紙媒体の本は単純に古いです。。。

あともう少しで2020年ですよ。。。

 

特に良いと思った自己啓発本は実際の紙の本を購入して、

大事に復習することは素晴らしいです。

 

ただ全部、紙の本を買うのはもう無駄でしかないです。

資源的にも、費用的にも。

 

Unlimitedには30日間の無料期間があります。

その間に自分にとって面白そうな自己啓発本が

あるかどうかいろいろ見てください!

 

月額千円程度でこれだけ読み放題は凄い。。。

 

ただ!

「読み放題対象の本」

で一度にダウンロードできるのは10冊です。

 

なのでもっとダウンロードしたい場合は

端末に保存されているのを先に削除する必要があります。

 

「なんか微妙」と思うならいつでも解約できます。

もちろん変な追加料金はないです。

信頼できるAmazonですよ!w

 

まだタブレットを持っていない方は

Unlimitedに申し込むと

電子書籍端末の4000円引きがもらえます!

 

安くて5000円のKindle端末が購入可能です!

(たぶん無料期間が終わってからです。

各自で利用規約などを確認してください。)

 

自分も今後、もっとUnlimitedを活用していきます。

 

まとめ

以上、大体w

100本の自己啓発書を紹介しました。

 

まだあるので、あとで更新します。w

 

なんか参考になりそうな本があれば、

Amazon.co.jp で見つけてみてください!

 

そして読んで、考えて、

実際に実践してください!!!

 

 

美智也の詳しいプロフィール

 

人気記事

ブログの始め方:ダメ人間でもできるワードプレス[完全版]2017年

 

ダメ人間でもブログ5ヶ月目で月間1万PV達成できちゃったwww

 

小説の超まとめ100選:コミュ障のおすすめ

 

ビジュアル系バンド超まとめ100選:バンギャル男のおすすめ!

 

糖質制限ダイエット成功:V系バンドマンのノウハウ[完全版]

 

映画の超まとめ100選:引きこもりのおすすめ

 

関連記事

 


-キンドル, ネットに救われた話, ウェブで利益を得る, 自己啓発, 面白い情報のまとめ, 商品・サービスの体験談, 自分の意見, コミュニケーション力

Copyright© 美智也のどん底から這い上がる記録 , 2017 AllRights Reserved.