自己啓発

自分の価値観が1番!でも周りに振り回される。。。対策は?

投稿日:2017年1月27日 更新日:


自分の価値観

 

こんにちは。自分の価値観がはっきりしているので、

とても爽快な美智也です。

 

この記事では

「自分の価値観を最優先するべきだよな?

でも周りの人達はこうしろああしろと言う。。。

どうしても迷ってしまう。。。」

という若者へのアドバイスを載せています。

 

自分の価値観をはっきりさせる方法が分かって、

実践すればもう迷いが無くなります。

 

自分の価値観が大事なのに、なんで周りの意見に振り回されるんだ?

「自分の価値観を大事にしたい!」と多くの若者は感じます。

一種の反抗精神ですね。自分も持っています。

 

でも、周りの先輩達の意見にすぐに振り回されてしまう自分がいる。

やはりその場の「和」を保ちたくなる。

内なる自分には反抗精神があるんだけど、

いざとなると八方美人になってしまう。

 

八方美人が悪いのは、

自分にとって本当に大事なことを成し遂げることが

できなくなるからです。

 

いつも周りの意見の言うことを聞いていたら、

自分の価値観はいつも後回しです。

 

周りにとって大事な目標は達成できても、

自分にとって大事なことは何も掴むことができない。

 

どうすれば自分の価値観を最優先して堂々と生きれるようになるんだ?

それには「自分の憲法を書き出す」ことが非常に大事です。

 

「自分の憲法?」と疑問に思う方が多いと思います。

日本国憲法を例に見ていきましょう。

日本国憲法にはいろんな「ルール」がありますよね。

 

そして特に大事なのは「日本国民の人権と平等を守るのを最優先」

別に詳しくなくても大丈夫です。自分も別にそんなに分からないです。w

 

とにかく日本のためにいろんなルールが事前に決められている。

事前にルールが決められているので、

何か問題があったら憲法に記載されているルールが最優先されます。

 

このように日本人の人権などは守られています。

憲法がなかったらこの国は機能しません。

 

事前に決められているルールに従うのではなく、

いつもいろんな人の意見をフォローしてたらもうメチャクチャです。

 

それと同じです。

先に「自分のルール」を書き出してはっきりさせないといけません。

 

紙と鉛筆を用意し、静かな場所に行きましょう。

そして最低でも3時間はじっくり考えましょう。

すぐに書き出せる人はいるだろうし、

もっと時間が必要な人もいると思います。

 

自分にとって何が本当に大事かを書き出したら、

優先順位をつけましょう

 

例:

太郎の憲法

  1. 家族を第一にする
  2. 仕事が大事
  3. 勉強に励む

上記はもちろんただの例です。

あなたにとって本当に大事なことを書き出すことが重要です。

 

人によっては太郎のみたいにシンプルなのがいいかもしれませんし、

日本国憲法みたいにもっと具体的の長文が合うかも。

 

あなたにとって大事なこと。あなたにとって大事なこと。

 

重要なことなので2回言いました。

 

他人にとって大事なことはどうでもいいです。

 

数時間、紙に自分の価値観を書き出して何が変わるの?

もう全てですよ!

 

多くの方は自分の価値観を最優先したい。

でも紙にすら書き出していない。全然はっきりしていないし、

優先順位すらついていない。

これでは日々の行動で迷うし、すぐに他人の意見に振り回されます。

 

でも自分の憲法がしっかりしていれば

上記のシンプルな太郎の憲法でも全然違います。

 

たとえ上司が残業をお願いしてきても、

太郎は断ります。太郎の憲法では家族が1番大事なので。

もう迷いがないし、他人の目なんてどうでもいい。

自分の憲法は事前にはっきりしてるから。

ダメならその会社はやめてフリーランスにでもなるだろうし。

 

自分の価値観がはっきりしていない人は、

一生やりたくないことで苦しみます。

 

他人にとって良いことをやってるだけだからです。

でもほぼ100%、他人の助言はあなたがやりたいことではない

 

他人なんてあなたのことをほぼ何も知らない

先輩達とはちょっと会話したぐらいでしょ?

 

あなたの今までの経緯や感情や価値観などは何も知らない。

あなたにとって人生で何が本当に大事なんか他の人が分かるわけがない

 

他人の意見なんて本当にクソ安いですよ

これ事実なんですが、多くの方はちゃんと理解してない。

 

そしていずれは後悔する。

「あの時、あの人の言うことなんて聞かないで、

自分にとって本当に大事なことに挑戦してれば良かった。。。」と。

 

美智也が早めに自分の憲法をはっきりさせた体験談

自分はもともと反抗精神が強く、

20歳に自分の憲法を書き出しました。あれから8年が経ちます。

 

価値観というのはそんなに変わるものではなく、

今でもあの頃の価値観とほぼ同じです。

 

そして他人の意見に振り回されることなく、

常に自分にとって大事な判断をしてきました。

その結果、自分はブロガーとして自由に生きることができています。

 

ブロガーになるべきだと言っているのではなく、

とにかく「あなたにとって本当に大事なこと」を優先して欲しいのです。

 

それはもちろん人によって全然違います。

そんなの当たり前です。双子でも全然違うんですよ

 

この教訓を学んだ「恩人」

この教訓はハイラム・W・スミスという方から学びました。

彼の著書「TQ―心の安らぎを発見する時間管理の探究」から教わりました。

 

人生で絶対に後悔したくなければこの本は必読です。マジで。

ハイラム・W・スミスのおかげで自分は本当に救われました。

 

まとめ

自分の価値観を最優先したい若者は多い。

でもどうしても周りの先輩達の意見に振り回されてしまう。

その対策としては、まずは「自分の憲法」を紙に書き出すこと。

そして優先順位をつける。

そうすればもう迷いが無くなる。

 

とてもシンプルなことですが、

このシンプルなことすらちゃんとやっていない人がほとんどです。

 

「自分の価値観で何が大事かは分かっている!」と頭では思っていても、

実際に紙に書き出してみると

「あれ、自分にとってはこれが本当に大事なのか。。。」

と気づきます。

 

この気づきが全てを変えます。

 

自分の本当に大事な価値観を最優先するようになるので、

他人がなんと言おうが、迷いがもう無くなります。

 

 

美智也の詳しいプロフィール

 

人気記事

慶應に合格しちゃったのが自分の人生での1番の不幸。マジで。

 

アメリカで育ち、日本に帰国して10年。日本人に幻滅した。

 

若者は1年間ニートをやるべき、死に際で後悔がイヤなら

 

倉庫での仕事をやればどれだけ恵まれているかに気づくよ

 

一人暮らしでの失敗5選、酷すぎて笑えない。。。

 

アメリカでの高校生活、最悪な体験トップ10

 

関連記事

 

 


-自己啓発

Copyright© 美智也のどん底から這い上がる記録 , 2017 AllRights Reserved.