自己啓発 自分の意見

「お金があれば成功できるのに」:それ、本気で信じてる?

投稿日:2017年6月2日 更新日:


お金があれば

 

こんにちは。ブロガーの美智也です。

 

この記事は

「もっとお金があれば絶対に成功できるのに!」

と自分の不幸を憤っているアフィリエイターのためです。

 

お金についての考え方が少しでも変わると、

今後の結果も変わってきます。

 

お金が増えるとどういうデメリットが生まれるかを考えていない

「お金が増えるともう

何もかもが余裕になって全てが上手くいく」と幻想してしまいます。

 

でも、お金が増えるのにも代償はあります。

 

例えば:

・お金が増えると誘惑も確実に増える

 いろんな最新のデジタル機器が欲しくなる。

 大した知識が無いのにFXなどに多くのお金を投資する。

 など。

 

そんなのほんの一部の誘惑です。

特に都会に住んでたらもう遊ぶところが本当に多いから、

すぐに浪費癖がついてしまう危険性があります。

 

自分で努力しないで大金を得てしまうのが本当に最悪です。

宝くじ高額当選者のその後の悲惨な人生

 

なんで自分で努力しないで得た利益は余計、人を不幸にするのか?

急に宝くじを得たり、自分に不相応の多額の借金を申請する人達の

人生ははっきり言って悲惨です。

 

でもなんで???

 

それはやはり彼らの「習慣」に問題があるからです。

 

逆説的に説明すると、

地道に努力する人達は言葉通り、地道に努力しました。

 

長年、節約に努めています。

 

だからいずれ成功して大金をもっていても、

そんなに使わない。結果的に超お金持ちになる。

 

良い例えは松本人志

彼は尼崎の工業地帯で超貧乏な幼少期を送りました。

そして彼は芸人として売れていない時から貯金をしてました。w

とことんケチだったらしいです。

 

もうずっと子供の頃から節約家なので、

成功してお金がたくさん入っても

「豪遊したい」という気持ちがかなり少ないです。

 

「お金が無い」というのを本当に肌で感じてるから

お金持ちになっても節約を続ける。

 

「お金があれば」と言っている人の多くはそれほど貧乏ではない

もちろん中には本当にヤバイ極貧状態にいる人もいます。

 

でも多くの「お金があれば」と言っている人たちは

自分でどれほど浪費してるか気づいてないです。

 

イケダハヤトさんの

あなたが貯金できない、これだけの理由。

という記事は絶対に読んだ方がいいです。

 

自分も全然ダメです。www

もっともっと改善しないと。

 

「どれほど稼いだかではない。どれほどキープできているかでお金持ち度が決まる」

金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学

という本でこの名言があります。

 

多くの人は「お金持ちは年収1千万円以上!」とイメージしています。

 

でも大企業に努めている年収1千万円の人の

お金の使い方をよく観察してみると、

かなり浪費してます。

 

しかも多くの方は仕事でかなりストレスが溜まっているので、

それを発散させるために余計なお金を使っている。

年収1千万でも貯金が無い人とか結構いるみたいですね。。。

 

でもイケダハヤトさんは新卒サラリーマンで年収300万円でも

1年で150万円を貯金してたんですよ。凄すぎる。。。

 

イケダハヤトさんの方が年収が低くても、

キープしてるお金がほとんどの年収1千万以上

の人達より多かったでしょうね。w

 

年収が1千万円でも、

1年で1千万円1円使っていたら、その人は完全に貧乏ですよ

 

お金が少なくて選択肢が限られていると、自然とクリエイティビティが上達する

「今あるもの」で工夫する癖がつくと、

自然とクリエイティビティが上がります。

 

また松本人志を例にあげます。

 

彼は幼少期から貧乏だったため、

遊びではいろんな工夫をしていました。

日常生活でもいろんな細かい節約をしてました。

 

松本人志の本の「遺書」か「哲学」かちょっと思い出せないんですが、

こんなフレーズがありました(完全にうろ覚えです)。

 

「子供の頃は中の歯磨き粉を全て絞り出していた。

綿棒ですくってた。そういう細かいところは普通の人は見ないでしょ。

だから貧乏は細かいところまで見えて、違った発想ができて、

お笑いに強い。」

 

これはもちろんお笑いだけでなく、

どんな分野でも根本は同じです。

 

結局どうすればいいの?

もう一番が、地道に努力すること。w

 

それが結果的に一番の近道。

 

間違っても

「いきなり100万円のお金を借りてビジネスを成功させる!」

という行動を取らないように。

 

それ、マジで危ない。

 

美智也の「もっとお金があれば」の体験

ただお金が増えるとむしろマイナスの結果に

自分は決して貧乏な家庭で育ちませんでしたが、

決して裕福でもなかったです。

 

でもたまに「もっとお金があれば」と願うことはありました。

 

そして「ラッキー」な時もありました。

もっとお金を得ることができる時。

 

でも、全然上手く行かない。

というかむしろ逆効果

 

結局そのお金を得る「準備」ができていなかったので、

ただ浪費するだけで終わりました

むしろマイナス

 

補足:周りのお金持ち

自分が行った大学では周りに超お金持ちが結構いました。

 

一つエピソードがあります。

 

自分は5千円札しか持っておらず、

千円札が必要でした。

 

クラスメイトで両替ができる人を探していると、

元ニューヨーク校の生徒が「いいよ」と言ってくれました。

 

彼の財布の中には万の札束が何十枚もありました。w

ちょっと怖かったぐらいです。

 

正直、彼はその後どうなったかは知りません。

そこまで仲良かったわけではないので。

 

でも彼の行動から推察するには、

決して「成功」はしていないでしょう。

 

結局お金を使いまくってたから、

例えどんなに収入が多くても。。。

 

「お金があれば」は99%幻想

今の日本の社会では、

1%の人は本当に「もっとお金があれば生活が良くなる」

という状況にいると思います。

 

でも残りの人は「お金があれば」が問題ではありません

ただお金を使いすぎているだけです。

 

自分も例外ではありません。w

本当にまだまだ精進しなければなりません。

 

根本的な問題を理解し、

「本当の意味でのお金持ちアフィリエイター」になりましょう!

 

 

美智也の詳しいプロフィール

 

人気記事

慶應に合格しちゃったのが自分の人生での1番の不幸。マジで。

 

アメリカで育ち、日本に帰国して10年。日本人に幻滅した。

 

若者は1年間ニートをやるべき、死に際で後悔がイヤなら

 

倉庫での仕事をやればどれだけ恵まれているかに気づくよ

 

一人暮らしでの失敗5選、酷すぎて笑えない。。。

 

アメリカでの高校生活、最悪な体験トップ10

 

関連記事

 


-自己啓発, 自分の意見

Copyright© 美智也のどん底から這い上がる記録 , 2017 AllRights Reserved.