周遊 実験・探究

バンドマンが高知に言ったお話。。。

投稿日:


バンドマン 高知

 

こんにちは。以前ダメバンドマンやってた美智也です。

高知物語第4弾です。

 

自分はずっとアメリカで生活していたんですが、

「どうしても日本に行きたい!」と思い、

17歳の時にその願いが叶った時のこと。

 

ギターが好きだった

部屋にひきこもってギターをよく弾いてました。

 

そして日本に「帰国」する時にも

もちろんギターを背負って行きました。

 

関東で暮らす予定だったんですが、

その前に久しぶりに高知の親戚に会うことになりました。

 

片目を隠したビジュアル系の髪型とギターを背負って

高知への飛行機に乗った。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん空港での受付の人には奇異な目で見られる。w

バンドマン CA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてCAからは変な目で見られる。www

バンドマン CA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高知にバンドやってる人いるの?

いますよ!高知をバカにしたら痛い目にあいますよ。w

 

 

 

その頃は同年代のバンドマンは知りませんでしたが、

親戚とその知り合いはバンド経験がありました。

 

しかもヘビーメタル!

 

一緒にギターを弾いて楽しかった。

 

ただ少ないのは事実だから。。。

とは言っても、

バンドマンが東京から高知に行くのはかなり希少な現象なので、

CAなどからは変な目で見られました。w

 

Aqua Timezのドラマーは高知出身みたいですね。

調べればもっといるはずです。。。

 

まとめ

アメリカで育ったバンドマンがギターを背負いながら

羽田から高知へ言ったお話を語りました。

 

まぁ、大したお話ではなかったですね。w

 

 

美智也の詳しいプロフィール

 

人気記事

慶應に合格しちゃったのが自分の人生での1番の不幸。マジで。

 

アメリカで育ち、日本に帰国して10年。日本人に幻滅した。

 

若者は1年間ニートをやるべき、死に際で後悔がイヤなら

 

倉庫での仕事をやればどれだけ恵まれているかに気づくよ

 

一人暮らしでの失敗5選、酷すぎて笑えない。。。

 

アメリカでの高校生活、最悪な体験トップ10

 

関連記事

 


-周遊, 実験・探究

Copyright© 美智也のどん底から這い上がる記録 , 2017 AllRights Reserved.